フォト

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

週末のお得情報!!

こんにちはsunブログではお久しぶりの母ちゃんです(o^-^o)

今日は朝からいいお天気で、昼過ぎに娘二人と公園に行ってから来ましたlovely

桜の蕾もだいぶ膨らんでいて、もうすぐパッとキレイに咲きそうですねcherryblossom

すでに花粉が飛散しているらしく、この時期大変な方もいらっしゃると思いますが、個人的にはこの時期とてもワクワクしますlovely

さて、私事ではございますが、先日検診がありまして久しぶりに赤ちゃんを見て来ましたが、少し見ない間にずいぶん大きくなっていて、推定体重が1キロ超えていましたheart04

来週には8カ月に突入して、今以上にお腹も大きくなりますが出産ギリギリまで店番しておりますので、今後もよろしくお願いしますnote

ふ~、お腹苦しい・・・・sweat01

お相撲さんの気持ちが良く分かる・・・(^-^;

自分のつま先が見えないですからね(笑)

さてさて、今週末の3月3日(日)はひな祭りですcherryblossom

女の子の日と言う事ですが、当店のお客様は9割男性なのでどうつなげようか悩みましたが、そこは母ちゃん!!

つながらなくても関係ないsign03(ちょっとはつながってるかも・・・?)

3月2日(土)・3月3日(日)の二日間、12歳以下のお子様&女性様は終日無料とさせていただきますsign03

更に!!60歳以上の方は半額sign03

更に、更に!!久々の!!グループ割引scissors

2名様以上でご来店頂いた方で、1DAY・AorBプランで受付頂いた方々は通常の走行料金より300円割引させて頂きますsign03

土曜日から気温がまたグッと下がりますので、快適な室内で楽しい仲間と素敵なひと時をお過ごしくださいheart04

そして先日お話ししておりました、レースにご参加頂いた事のない方も含めた母ちゃんの「サポート企画」がほぼ決まりましたので、発表致しますhappy01

名づけて・・・「サポート7」shine

タイトルからしてだいたいお分かりかと思いますが、そうなんです!!そのままなんですhappy01

まずはその気になる内容の発表ですsign03

当店からご用意させて頂くものは、

◇ヨコモ BD71台sign03

◇初めに必要なオプションパーツ1つsign03

◇1日走行券 1枚

以上の3点です。

車本体とオプションパーツに関しましては、今年いっぱいお渡しいたします。

破損した分につきましてはご負担願います。

そして、「サポート7」の参加条件と致しまして、レース参加経験のない方を含め、各クラス優勝経験のない方。

最低週1回走行に来られる方。

に限らせて頂きます。

興味があって一度やってみたかった・やってみたかったけどもう一台買う余裕が・・・など動機は様々かと思いますが、とにかく以上の条件を満たされている方はどなたでもご応募頂けますsign03

応募期間は明日3月1日(金)~3月15日(金)までsign03

定員は各クラス1名様ずつとなりますsign03

発表方法ですが、レースにご参加頂いている方につきましては3月17日(日)の月例レース第3戦の母ちゃん抽選会の後発表!!

レース参加されていない方につきましてはこちらからご連絡させて頂きますsign03

マスター用のマシンは母ちゃん号をご用意させて頂きますので、その日に走行可能ですhappy01

とにかく!!興味のある方はご応募くださいsign03sign03

では、上手く伝わったかどうか心配ですが、本日の母ちゃんブログでしたdash

下のちびゴンが睡魔に襲われているらしいので、寝かせてきますsleepy

2013年2月27日 (水)

入荷情報!

こんにちは!店長です。

暖かくなるにはもう一息掛りそうですが、早く暖かくなってほしいですね。

今日は、新規採用の新製品等が入りましたのでご案内します。

まずは、再入荷商品から!

★ Gスタイル G★POWER Li-Feバッテリー4000 45C 

★ Gスタイル G★POWER Li-Poバッテリー5300 75C

どちらもレース用ならコレ!のIP社製造バッテリーですのでパワーは間違いなし!

★ Gスタイル GRAND SLAMブラシレスモーター 17.5T WSRブラックEd

Li-Po仕様のEXPクラス、Li‐fe仕様のマスタークラスにてバッチリです。

★ Team Bomber  HDウイング

続きましては。。

★ Panaracer PRピニオンギヤ 64ピッチ各種

Img_2182_1600

出たて速攻では無いですが、当店でも採用しました。

ギヤの表側の首が長く、芯が出やすいのは良いですね。ですが、他社製品が

ピニオンとしての性能的に劣ると言う事ではありません。

Img_2181_1600

重量は2.2g。某社製は2.6gでした。吹け上がりという面では軽い方が有利。

トルクや、回転持続力と言う面では重い方が有利です。

じゃ、コレを使うメリットは?というと、Panaracer製スパーギヤとの歯当たり精度の相性は

言うまでも無い事、歯数刻印が目視し易い事ですが、この2点は重要ですね!

取り付け使用時には、スパーギヤ自体に歪みが無い事とネジの締めすぎ等で、スパーギ

ヤをスパーホルダーに歪ませて取り付けますと、バックラッシュに広いとこ狭いとこが

出るので注意して下さい。他社製との価格差は当店比¥130ですので是非お試しを!

最後に、コレも入荷しております!

Img_2183_1600_2

★ PRO SPEEDオリジナルスーパーローフリクションベルト ヨコモBD5/BD7用

BD5からスポット生産しています、SPFベルトが再入荷しております。

★ PRO SPEEDオリジナルガラスセッティングボード&メンテナンスプレート

コレも好評の厚さ8㎜の国産強化ガラスで作ったこだわりの逸品です。

中古商品もブラシレス関連、等買い取り品を出していっておりますので、

是非、店頭でご覧下さい!ご来店をお待ちしております!

2013年2月19日 (火)

月例レース第2戦

こんにちは!外はちらほら雪が舞ってますが、積もりそうはなさそうです。

日曜日は、月例レースにご参加頂き有難うございました。

Img_2172_1600
昨日はお休みをいただいてましたのでアップ出来ませんでしたが、

早速レースの決勝結果をご覧ください。

★ ミニスポーツクラス決勝Bメイン

Img_2174_1600
ペースの速かったツジちゃんを振り切って柳井選手が優勝!

これまたペースの速い加藤選手でしたが、これも振り切ったツジちゃん選手が2位

加藤選手は3位でしたが次戦で対策を練られる事でしょう。

谷澤選手が4位、池田選手が5位でしたが、次戦に意欲を燃やされてましたよ!

★ ミニスポーツクラスAメイン

Img_2175_1600

ゴリ隊長、安田選手が居ないチャンス!ロン選手が淡々とラップして優勝!

伊藤選手は惜しくも2位、3位に白戸選手、西岡選手が続きます。

好調かと思われた小川、平田選手は5位、6位。岩元選手が7位、初参加の

山口選手が8位となりました。

★ マスタークラスBメイン

Img_2176_1600

今回もなかなか激戦のマスタークラス!

Bメイン優勝はロン選手!2位には一歩及ばなかった小川選手

谷澤選手、柳井選手が続きました。

5位に時田選手、6位増田選手、7位池田選手でした。

8位のツジちゃん選手は、リタイヤ。次回も頑張って下さい!

★ マスタークラスAメイン

Img_2177_1600

Aメインはミニ同様、村田、安田の両選手が不在の中、中嶋選手がブッチギリで優勝!

2位にはリッキー選手、3位に好調の白戸選手の上位陣

4位には表彰台入りならず?の平田選手、5位に伊藤選手、6位に高井選手

7位、沖選手、8位、岩元選手、9位に加藤選手が今月のAメインでした。

★ EXPクラス Bメイン

Img_2178_1600_3

今回も先月同様ハイレベルなEXPクラス!最近はAメイン入りも大変です。

今月のBトップは前田っち選手。2位に竹内選手、3位に寺前選手、4位にリッキー選手

5位、浦北選手、6位西岡選手、7位大宮選手、森田選手はマシントラブルでリタイヤです。

★ EXPクラス Aメイン

Img_2179_1600

激速のEXP Aメインですが、今月はBD7にマシンチェンジしたミッキー選手が優勝!

2位にはこれまたBD7にチェンジの宮川(則)選手がTQ&2位!!

ベテラン浜野選手が3位となり、4位におんせん選手、5位に尾田選手、6位宮川(和)選手

7位におまえっち選手、8位に木村選手でしたが残念ながらリタイヤとなりました。

先月の記念レースのヨコモ効果か、Aメインでも8台中7台がBD7になり、

当店でもレース使用率№1になりました。

走らせ易い、タイム、周回数がアップした等、喜びの言葉ばかり頂きましたよ。

今月の母ちゃん企画「お母ぁサポート」(勝手に命名)ですが、終了式で発表!

Img_2150_1600

まずは、Doraさんこと森田選手!今月は残念だったけど来月目指して頑張って!

Img_1671_1600そして、高井選手!

Img_2157_1600_3
宮川(和)選手以上の3方が当選されました!頑張って下さいね!

Img_2173_1600_2

レース終了後には、池田選手のご協力でシステム整備をしていただけました。

操縦台を下りたところに32インチモニター設置!タイムの確認がしやすくなりました。

さらにシステム整備をして頂けます。ご協力有難うございます!

来月も第3日曜に月例レース第3戦を開催します!是非あなたも御参加下さい!

2013年2月16日 (土)

臨時休業のご案内!!

こんにちはsun母ちゃんですnote

今日も朝から雪が降っていましたねsnow

でもそんなに寒くない様な気もしますcatface妊婦は体温高いからなんでしょうねhappy01

さてさて、昨日から風邪気味の母ちゃんは朝から思うように身体が動かず、夕方前にお店に来ましたが、すでにたくさんの方にご来店頂いていて超賑やかでしたshine

グリップ側のピットは明日がレースと言う事もあって、結構真剣な表情up

明日のレースが楽しみですheart04

母ちゃんは今さっき足らなかった炊き出し用の材料を買いに行って、この後せせっと下ごしらえですhappy01

美味しくなぁれと愛情たっぷり注いで作りますねnote

それと、先日お話ししていたサポート企画の抽選が昨日終わりましたので、明日の景品抽選会の時にド~ンと発表致しますねhappy01

そちらも合わせてお楽しみにsign03

突然話は変わりますが、すでに店内ポップでは告知させて頂いておりますが、

2月18日(月)は終日臨時休業とさせて頂きます。

ご来店・ご走行をご予定くださっていた方には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解頂きますよう、宜しくお願い致します。

2月19日(火)は通常営業となっておりますので、多数様のご来店心よりお待ち致しております。

2013年2月13日 (水)

レース直前母ちゃんセールのご案内!!

こんにちはsun母ちゃんですnote

今日は朝からいいお天気ですね(*^-^)

ちょっと風が冷たいですけど・・・sweat02

今週は真冬に逆戻りした寒さなので、体調崩されない様にお気を付け下さいねhappy01

さてさて、早いもので今週末は月例レース第2戦!!

今月のレースでも色んなドラマがありそうな・・・(* ̄ー ̄*)

VIP席で見れますので毎月楽しみですnote

レースと言えばこの企画!!

レース直前母ちゃんセールsign03

今月も2月15日(金)~2月17日(日)までの三日間、おなじみのあの商品この商品がど~んとお安くなりますheart04

ではまずはこちら!!

ソレックス40R 4袋セット!!こちらが3,880円sign03

こちらのセットお買い求め頂いた方には、お好きなホイールをプレゼントpresent

続きましてはOGプリマウント!!こちらが2,400円sign03

こちらのセットを2セット以上お買い求め頂いた方には、300円分の走行割引券をプレゼントpresent

どちらのセットもレースエントリーされる方も、一般走行でご来店頂く方にも必須アイテムとなっておりますので、この機会に是非お買い求めくださいhappy01

お次はこちら!!

工具各種が表示価格より10%OFFsign03

超美品!!中古ショーケース内の商品が、表示価格より20%OFFsign03

続きましてはこちら!!X-GEARオイル各種sign03

現品限りではございますが600円sign03でご提供いたしますheart04

っと今月は以上の商品がお求めやすい価格となっておりますので、是非!!是非!!是非!!お買い求めください(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

そしてですね、今月からの母ちゃんの思い付き企画!!の発表ですsign03

つい先日ある方がお帰りの際にですね、「あと2秒で31周やった~」ととても悔しがっておられて、セットの事は全く分かりませんがいつも一生懸命練習している姿を見せて頂いてるので、

母ちゃん自身も悔しい気持ちになりましたsweat01

誰からも愛されるキャラの方で周りの方々にもサポートされていて、すごくいい雰囲気だなと思っていましたshine

そこで、当店からも頑張っておられる方々に何かサポートできないかと企画させていただきましたheart04

詳細はですね、説明が下手なので伝わるかどうか分かりませんが・・・sweat02

今週末のレース終了後の抽選会の時に、当店が予め抽選で選ばせて頂いた三名様を発表致します。

その際に3名様それぞれが保有していますご来店ポイントに応じまして、サポート金額を決定!

レース翌日から翌月のレース当日までの1ヶ月間有効のサポート券を進呈sign03

それぞれに記載されている金額までのサポートを当店からさせて頂こうと言うものですshine

サポート金額一覧はこちら!!

5,000円・10,000円・15,000円の3パターンですsign03

こちらのサポートに関しましては、当店のレースにご参加頂いたことのある方が対象となりますので、予めご了承ください。

選ばれました方のサポート内容としましては、

・入荷可能なパーツ各種(入荷までにお時間の掛る物に関しましてはお待ちいただく事になります)

・走行料金

・タイヤ&ホイールetc

なお、ご本人様の承諾がありましても他の方によるサポート券ご使用は出来ませんのでご了承ください。

また、おつりは出ません。

レースの参加経験のない方を対象とした企画に関しましては、現在頭をフル回転させて考えておりますので、決まり次第発表致します。

母ちゃんにもっと知識があれば色んなサポートが出来るんですが、残念ながら腕も知識も無いのでこういった形でしか応援できなくて・・・sweat02

早速この後抽選の準備をしたいと思いますheart02

っと今月のメニューもつい先日決まりましたので、参考までに・・・

shineすき焼き丼&お味噌汁shineですhappy01

明後日の夜に買い出しに行って、いつものように土曜日にせせっと仕込みをしておりますhappy01

皆さまお楽しみにscissors

ではでは、体調があまりよろしくないのでちょっとだけお休みして来ますcrying

以上母ちゃんでしたdash

2013年2月12日 (火)

今だから・・BD7製作Tips4


こんばんは!店長です。

3連休明けと言う事で、まったりしていますが、連休中はたくさんのご来店を頂けました。

グリップは人気を頂いている事は勿論、特にドリフトコースのお客様が一気に倍増し、

コースの環境もさることながら、コースサイズ=走行来客数と実感しております。

さて、お客様からも楽しみにして頂けているお声を頂戴しています、BD7製作Tips。

今回は更に詰めてご紹介して行きますね。

Cimg0321_1600

さて前回にお伝えしてなかったのがありますので、少し戻ります。

例の海野氏流ウレタンバンパー仕上げの画像が出て来ました。BD5のものですが、

カットしたウレタンでは無く、スイーツ?にも思える滑らかな仕上げと見た目ですね。

Img_2100_1600

今回使用したESCは、ヨコモ製BL-PRO2TURBOの世界戦&全日本スポマ仕様。

ブラックの筐体に配線済みでは無くコネクター端子タイプで、好みの半田付けが

出来るタイプです。0ブースト使用時の相性が、良い様ですね。

Bl_r3_1600

現場でどちらが良いか試したいとの事で、ヨコモ製BL-R3も用意しました。

が、コレは現地でのパソコンセッティングを詰めて初めて良いものになるので、

簡易的なYBP2でセットできるPRO2ターボに的を絞ったようです。

PRO SPEEDのレースレギュでは、圧倒的にR3もしくはH.W V3に軍配が上がりますが、

ブースト&ターボを切らないとダメにしても、スロットルの2次元グラフをいじるカーブ、

パンチレート、パンチレートスイッチポイントが触れるR3を詰めればアドバンテージが出る

のではないでしょうか?

Img_2133_1600

さてシャーシも完成間近。アライメントで仕上げます。

新車組み立ての最初とメインシャーシ交換等で完バラした時には

アライメントセットアップゲージで個別では無く全体のアライメントを一度に確認して

初期セットを出して行きます。

もちろんですが、メカ、バッテリーなど走行時の全備重量を乗せて測りましょう。

まず、車高を合わせ、リアキャンバー→リアトーの確認→フロントキャンバーを計測

調整して、最後にアンプの電源とプロポの電源をONし、プロポのステアニュートラルを

0にします。その状態でフロントトーを計測し調整したいトー角の値(たとえば-1度)

にするとしたら、左右の各トー角は-0.5度にしてトータルトー角で-1度になる様に

します。

Img_2134_1600

但し、左右のタイロッドは長さを全く同じにする事が大事で、機械的な左右の切れ角の

相違が無いように注意して下さい。

Img_2088_1600

ここで一つ忘れてました。スタビの調整です。

まずスタビストッパーの幅とロアバルクの幅との関係。

センターのイモネジを固定して左右にわずかなガタが必要です。

全く無い場合はロアバルクのネジを緩めて気持ちの幅を調整しガタを作って下さい。

スタビホルダーのイモネジはワイヤーが遊びすぎず軽く動く事を意識した締め込み量で。

左右の効きの調整は、片方のサスアームに車高ゲージ(スロープタイプ)を差し込んで、

もう片方のサスアームがピクッと動き出す量をターンバックルで長さと付き出し量を

調整します。

基本は取り説のターンバックル長で問題ないと思います。

Img_2135_1600

ゲージを外して、タイヤを付けたら再度車高を確認し微調整します。

Img_2136_1600

更にキャンバーゲージで装着タイヤによる実走状態のキャンバーを計測微調整します。

Img_2137_1600

ボディはカット仕方などが気になりますよね。

要は合うようにカットするのですが、ここが注意点と言うのをご紹介します。

ボディの装着高さは低く!がトレンドです、重心を低くして無駄なロールを減らし、

ハイサイドをしにくくする為です。カットラインよりかなり上で切っているのが見られます。

また装着高さを決めたら、ボディマウントを押してロール時にボディのスカートを路面に

擦らないか確認して擦るようなら修正カットしましょう。

裾が擦ってては、ブレーキが掛るわ、アンダーが出るはでロクな事になりません。

Img_2138_1600_2

フェンダーアーチはタイヤに引っ掛からない様に大きめに切ります。

引っ掛かって巻きこむとレースではリタイヤ同然ですからね。

Img_2140_1600

リアスカートですが、カットラインで切るのが基本ですが、大きく開口すると、

空気が抜けてトップスピードが上がります。

ですが、JM規定では高さに制限がある項目ですので、

妥当な切り方にしてして下さい。

Img_2141_1600

ウイングの取り付けにも高さ、リア側への付き出し量に制限が言われる項目ですが、

ウイング本体はデカイ切り方ですと、リアを押さえるものの、ダウンフォースの掛り過ぎで、

フロントがリフトしたり、トップスピードが落ちたり、リアを支点にハイサイドしたり

やはりコレもほどほどが良いですね、付き出しは、バンパー後端部より10mmまで

出せるのがJMレギュです。翼端板は好みである方が良いと言うパーツで、

必ずあれば良いとは言えません。翼端板はシューグーで固定すると取れにくいですよ。

ウイングの厚みを厚くしたりスペーサーで高さを調整して好みを見つけて下さいね。

Img_2139_1600

ボディマウント穴径は6φ。少し大きめに開けてスコスコするくらいが適正です。

Img_2099_1600

ボディから付き出しは2コマ程度。切らずに長いままですと、クラッシュ時に

マウントを引っかけてダンパーステーを折るなど余計なトラブルになる可能性大です。

マウントの先はABCボビー製「先っちょカッター」でカットし、先端を鉛筆削りで削る

要領で角を取る面取りが出来て、ボディをかぶせる時に角が引っ掛かって

はめにくくてイライラする事も無くなる便利アイテムを使用し、キレイに仕上げます。

ボディへの高さの微調整は、ヨコモ製アジャスタブルボディマウントや、ライド製等の

ゴム製スペーサーを使用して前後の高さを微調整すれば完成です!

Img_2080_1600

4回に渡ってご紹介して来た広坂正美選手のレースカー製作Tipsですが、

長々とお付き合い有難うございました。

明日、先だってのヨコモカップを走った広坂選手のBD7が、

こちらへドック入りの為帰還します。

レース後のままの状態ですので、チェックしてレース後メンテナンスをしますが、

また、そのあたりをレポートしたいと思います。

気になる方は要チェック下さい。ではまた!

2013年2月 9日 (土)

今だから・・BD7製作Tips3

こんばんは!店長です。

週末でレース前週という事もあり、コースは大変賑わっております。

店頭商品の方も新製品のカワダ製Li-FeバッテリーLFX4200 50Cと

当店での定番GスタイルLi-Fe4000 45C等とタミヤ、ヨコモ製品他が入荷しております。

さて、第3弾をご紹介するBD7製作Tips!

この土日は、大阪チャンプさんでヨコモカップが開催されますね。

広坂選手も、今回作成したNEWマシンで練習されてる報告がありましたよ。

さて前回の続きから最終調整へ進んで行きます。

Img_2078_1600

さてダンパーが完成した後はアライメントへ移ります。

ヨコモ流に地上からアウターサスピンまでの高さを測りながらツイックスクリューで

調整します。数値は、F/10mm、R/9.5mmにデフォルトセットします。

ここから、走行してフィールで変更する目算です。

この測り方の注意点は、メインシャーシに反りが出ていない事。

ダンパーはスムーズにストロークしている事が重要です。

ダンパーを付けた状態で、計測するのもOKですが、ダンパーが伸びきっていなかったり、

サスアーム等の組み付け精度で足が動いてないのを分からずにリバウンドを調整

している例がありました。こうなると、左右のツイックスクリュー調整量がバラバラになって

同じ量伸びている訳もなく左右のリバウンドに大きな差が出る事になります。

これでは、まともに走らない事になりますので、どこにしても足回りの「可動部分」は

スムーズに動く事が、良い動きとアライメントを整えた後の動きに現れるのは

言うまでもありませんので、その1からの作り込みが如何に重要かがお分かり頂けると

思います。

Img_2095_1600

広坂選手のヨコモカップ使用モーターは「Gスタイル GRAND SLAM 17.5T JMRCA」

ローターは13.5mmでGスタイルの高木代表の手による3Dバランスが接されたものです。

JMスポマレギュ準拠という事で、0ブースト0タイミングで行われます。

Img_2062_1600

ギヤ比は、2.88(驚)いくら0ブーストとは言え車の設計を越えてますね。

今のスポーツレギュはこんなだそうです。スパー82枚、ピニオン57枚!びっくりします。

Img_2083_1600
アンプの配線です。シリコンコードはPRO SPEC製です。

細かい事を言えば、配線の長さ=重量なんですが、あまり短縮して配線を引っ張り合い、

シャーシロールまで規制するのは頂けません。

配線はビジュアルでもありますので、実車のタコ足の様な流れを作っています。

今回は、海野氏風にロゴプリントの向きと方向にも気を付けてみました。

Img_2084_1600_2

受信機へ入る配線類も短か過ぎない程度に短縮しますと、余計な線を引っかけるトラブル

対策にもなりますね。勿論ビジュアルもGOODです。

ここで広坂選手の場合は、サーボコードの+線(赤)をコネクターから引き抜いて

アンプのバッテリー+端子へダイレクトにつなげるアダプターコードを作成しました。

7.4Vを直取りして、サーボスピードを上げないと広坂選手曰く「遅い」そうです。

勿論、通常はこんな事は必要としませんが。。

Img_2081_1600
バッテリーへのコードですが、正美さんの好み?なのか後ろ側へ伸ばしています。

これは前でもどちらでもいいと思いますが、端子のところは色分けして、

万が一の為に絶縁する様な形でシュリンクしています。コードはすべて12ゲージです。

Img_2082_1600

モーターの後ろに、勿論吸い出す方向でヨコモYZ-CFMファンを装着。

10から15度程度モーター温度を下げ、ギヤ比の設定とアンプデータに余裕を付けます。

Img_2086_1600
Fデフは、PRO SPEED以外は(笑)基本スプール(ダイレクト)でしょうね!

Img_2085_1600

バンパーは対衝撃性を狙って中抜きせずにあんこを少し落としてゴム系ボンドで固定です

ここで!海野氏流のウレタンバンパー作成を聞き出しました。まず角をペーパーやすりの

ロール状になったリュータービットでやすり、ターボライターであぶると、キレイな処理が

出来るそうです。ETSのサイト等でロナルド選手のバンパーを参照下さい。

さて今日はここまで!まだ続きがありますよ!

次回はアライメント~ボディフィッティングまでをご紹介したいと思います。

ではまた!

2013年2月 7日 (木)

今だから・・BD7製作Tips2

こんにちは!店長です。

ようやく体調も取り戻し、なんとか頑張らせて頂いてます!

さて、多数のアクセスを頂いている「ヨコモBD7広坂選手カー製作Tips」ですが、

今日は、第2弾をご紹介したいと思います。

Img_2044_1600

前回で駆動系が完成した訳ですが、基本骨格が出来た次に、しなやかな動きを狙って

足回りの組み立てに入ります。

まず、サスアーム、Cハブナックルなどの樹脂パーツに組み付けストレスを与えない様に

下処理を接して行きましょう。

画像の様に、前後ナックルにビスやキングピンボールなどネジを立てこむ部位には

3mmのタップをたてて下ネジを切り、ビス類をねじ込んだ時に余計なストレスを

樹脂パーツに与えない様にします。

注意点は水平、垂直にネジを切る事です。間違って斜めに切ってしまうと

特にキングピンの動きに規制が掛り、ステアロックしてしまう恐れがある為です。

Img_2045_1600

そしてこれが以外に?にミソでして、立てたタップの上辺を平面軽くヤスります。

どこにしてもバリ等がなく綺麗な取り付け面に仕上げて見てください。

Img_2053_1600

サスアームにもサスピン穴にリーマーを通し、サスピン単品を通してもツルンと入る様に

加工し、見た目のバリもカッター等で軽く削って置きます。

スタビボールホルダーもランナーのバリをカッターで落としておきましょう。

Img_2058_1600

ターンバックルを作り、全ての足回りパーツを組みますが、特にサスアームの

前後クリアランスに気を付けます。

良くガタ取りとシムを追加してガタがないくらいにクリアランスを詰める例がありますが、

走行中にシャーシがしなって、ガタが圧迫になる場合がありますので、

数値で言うと0.1~0.2mmくらいの遊びは必要です。

また、スタビボールのキャップは、ビスの締め込み量で、出来るだけガタが少なく、

ボールの自重でコトンと倒れるくらいの取り付けを心がけて組みます。

ターンバックルのボールエンド部は軽くスルスルなのがベスト。

取り外し時にラジペン等で外し、金属のボール部を傷つけて引っ掛かりが出た場合

などは躊躇なくボールを交換して下さい。

パーツに問題が無いのにボールエンドの個体差で動きが渋い場合は

ボールにエンドをはめた状態でエンドをラジオペンチでグッとつまむと軽くなります。

ショックエンドにも通用しますので、硬い場合は試して下さい。

Img_2054_1600

Img_2056_1600

さて、アッパーデッキの締め付けです。

アッパーデッキの3×6ボタンビスを締め込みますが、グッとではなククッとというイメージ

の締め付けトルクで均等に締めて行きます。

この時、締め方でメインシャーシに反りが出ないように片手でメインシャーシをセッティング

ボードに押さえながら締め込みます、平滑度ではガラスが理想かと思います。

それでも反りが取れない場合は、アッパーデッキ、アッパーバルク、ダンパーステーを

緩め、メインシャーシを押さえながらアッパーバルク、アッパーデッキ、ダンパーステーと

締めて行きますと平面が出やすい思います。

さて、ここまで出来たら、こだわりのダンパー作りに移りましょう。

良いダンパーは良い走りを必ずサポートしタイムアップしますので、超重要です。

なので、細かく解説します。

Img_2064_1600_3

では、ダンパーパーツを全て出して組み込んで行きます。

まずは、ピストンとピストンシャフトをEリングで固定します。

ここ最近のヨコモダンパーはこの組み付け時にピストンのガタがほぼ感じられません。

ですが、個体差によっては3×0.1mmシムを入れてガタ取りをします。

ここでは、チタンコートショックシャフトを使用して、しなやかに動く仕様を目指します。

Img_2065_1600

使用するOリングはヨコモYS-7HGハイグレードタイプ。

BD-S2W P3Oリングカラー(薄)を使用して、一本当たり2個のOリングを入れて、

ショックシャフトのストロークスピードをゆっくりして安定感を出します。

単なるオイルの漏れ止めという事ではありません。

なぜ2個なのか?勿論1個仕様がダメという訳ではありません。

ドライバーの意見で2個のストロークスピードの方が感じが良いと言う場合に用います。

と同時に、ハイグリップな当店の場合は特に引きダンパーで組みますので、

負圧の加減が持続しやすい為にという意味もあります。

Oリングは組む前に、袋ごとオイル漬けにしておいてから組むといいですよ。

Img_2066_1600ケースに組んだらオイルを少しだけ注いで、カラーを入れキャップを締めます。

こうする事でシャフトを通した時にOリングを傷めず、後でエアも余計に噛みにくいです。

Img_2070_1600オイルを注ぐ前にエンドパーツをねじ込みます。ネジ部の一番上をニッパーでつかんで

締め込みます。ダンパー長は最後に合わせますので、とりあえず一杯に締め込みます。

Img_2067_1600_3

ケースに少しこんもりする程度にオイルを注いでシャフトをゆっくり上下させエアを抜きます

私の使用オイルはX-GEARフレックスショックオイルブルー。鉱油系です。

ハイサイドしそうなハイグリップ路面でダンパーを引きで組む場合には特に適してますね。

かと言ってシリコンオイルがダメとも思わないですが、なんにしても、コレが絶対

良いですというものは「存在しません」自分が良いと信じて使う事も大事かと思います。

Img_2068_1600

エアが上に貯まってなかなか抜けにくい鉱油系オイルですが、このようにライターで

さっとあぶるとパッと気泡が魔法の様に消えます。ターボライターも良さげですね!

Img_2071_1600

では、僕の引きダンパーの組み方を紹介します。

まず、シャフトが伸びてる状態でダイヤフラムをかぶせ、指で軽く押してはみ出たオイルを

擦り切ります。

ちなみにダイヤフラムはタミヤTRFダンパー用かヨコモブラックタイプです。

実は、どこの物もビッグボア径ダンパーの引きを作る時に最適なサイズのダイヤフラムが

無くて理想にちょっと足りないのも僕の感想です。これは是非もう少し内径の大きな

タミヤの固さのダイヤフラムを作ってもらえると最高のダイヤフラム式引きダンパー仕様

ができるのですが。。。ここは是非、海野氏にお願いしてみたいところです。

Img_2072_1600
あふれたオイルを軽く拭き取ったら、シャフトをゆ~っくりと押し上げます。

多少はオイルが吹きこぼれますが、ゆ~っくりですよ。

Img_2073_1600
いっぱいまでシャフトを縮めたら、縮めた指の力を更にクッと押し上げ、

ダイヤフラムを小指でグゥ~っと押し込みます。シリンダー内のエアを抜くイメージです

が加減しないとダイヤフラムの円形が変形して落ち込んでしまうので注意です。

ここで、理想の径のダイヤフラムが欲しくなるのを気づいて頂けると思いますが、

現在は存在する製品で対処しています。

Img_2074_1600

シリンダー内が真空になってる感じが出れば成功です。

Img_2075_1600

このダンパーはタミヤ製ダイヤフラムを使用してますが、シャフトを引く加減で

引く量が決まるのではなく、使用するダイヤフラムで加減しています。

この場合の引き量は約50%になります。

Img_2076_1600

チタンコートボールをはめ込んだら、引きなのでシャフトを片手で伸ばしながら

ダンパー全長を合わせます。今回は63mmに合わせました。

車高とスプリングのプレロードに影響しますので出来る限り合わせて下さい。

と今日はここまでです。次回は最後の仕上げをご紹介したいと思います。

ではまた!

2013年2月 5日 (火)

次もまた・・・

こんにちはnoteブログではお久しぶりの母ちゃんですheart04

大変遅くなりましたが、先月の記念レースにたくさんのご参加くださり本当にありがとうございましたsign03

超有名な方ばかりで去年のドリ塾同様ソワソワしておりましたが、お会いしてみると気さくな方ばかりで一気に和やかな雰囲気になりましたhappy01

その中でも私の上の娘はジャガこと山内選手に恋をしたようで、山内選手の行動が気になって仕方なかった模様heart02

レース当日の朝には香水をつけてほしいなどとおませなことを言っておりましたcoldsweats01

店長も正美さんのメカニックを任されるなど、大変光栄な依頼でいつもより輝いていましたshine

ちょこちょこのぞかせて頂いていたピットでも、毎月エントリー頂いてる方も初エントリーの方も本当に楽しそうで、貴重なお時間を企画出来た事に心から感謝しました。

当店のお客様はチームヨコモの方々も感心なさるほどの凄腕ドライバーが多数いらっしゃって、私が誉められた訳ではないんですが思わずその気になってしまいましたcatface

初エントリーと言えば、先月は4名の方に初エントリー頂けどちらの方にもご満足頂けた様子でしたhappy01

今回のイベントを機に今後も是非ご参加頂けたらなと思っております。

それにしてもレース当日はものすごい迫力でしたねhappy02

雑誌で拝見させて頂く事しかなかった方々が目の前でシュンシュン走りぬけて行くのもさることながら、コンマ何秒のところまで追いつめるあの方この方の気迫の走りは

超素人の母ちゃんにとってはモナコでF1でも見ているみたいでしたmotorsports

走行風景もそうですが、マーシャルがこれまた豪華で、”お”マーシャルって感じでしたlovely

チキンカツどころではなかったですが、皆さん楽しみにして下さっているので放置する訳にもいかず横目でチラチラ見ながら黙々とチキンカツを作っていましたdash

お陰さまで先月の炊き出しも、お米7升・カレーが大鍋に3杯分、玉ねぎ12個人参10本、ニワトリさんいっぱいがキレイになくなりましたshine

ちなみに人参と玉ねぎの皮むき、カツの衣付けはうちの娘が手伝ってくれましたheart04

今月は何しよかなぁ~

そしてそして、12月に引き続き1月の記念レースも各メーカー様、㈱マルク様よりたくさんのご協賛品を頂きまして、

毎月恒例の抽選会がとっても豪華に開催できましたsign03

本当にたくさんのご協賛品を頂いたので、当店からもと急遽BD7をご用意させて頂いたんですが、後日広坂正美さんからお手紙付きで是非ヨコモとして出させてほしいと

新しいキットを送って下さいました。

何から何までお世話になりっぱなしで申し訳ない気持ちですが、正美さんを始めチームヨコモの皆さんの温かいお気持ちに素直に感謝いたします。

本当に有難うございました。

今月からは通常の月例レースですが、母ちゃんセレクトの豪華景品が店長の意思とは別にぼか~んと入ってたりしますのでお楽しみにscissors

そしてまた必ず第2弾を開催したいと思ってますsign03

その頃には3人目も産まれて更に賑やかになっていると思いますchick

そうそう3人目と言えば私事ですが、昨日母ちゃんも病院でして、楽しみにしていた性別を見て頂いたところ・・・・

「女の子だね」・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

わんちゃんと一緒で人間の赤ちゃんも初めはお玉ちゃんがお腹の中に隠れているみたいなんですcoldsweats01

成長の過程で出てくるんだとか・・・。

昨日の健診では確定までいかなかったんですが、3週間後にまた検診があるので、その時にはっきりするみたいですshine

それまでにニョキっと出てきたり・・・ムリか・・・sweat02

まぁ無事健康に産まれてくれれば言う事ないんですけどねhappy01

とにかく赤ちゃんも無事に育っていて幸せいっぱいの母ちゃんですheart04

今日からまたボディ製作に追われますが、1枚1枚丁寧に塗装させて頂きたいと思ってますhappy01

ではでは今から遅めの昼食を頂いて再び塗装開始ですart

以上母ちゃんでしたdash

2013年2月 3日 (日)

今だから・・ヨコモBD7製作Tips

こんばんは!

何度もお知らせしますが、明日4日は臨時休業です。

自分の体調の事とは言え、今後を万全にする為ですのでご容赦くださいませ。

さて、お題の「ヨコモBD7製作Tips」ですが、本来発売時にお届けする予定が、

想像以上の初期予約の為にお客様優先とデモカー導入を断念し、今頃になりました。

が、何台も組んだ事で、今だから分かる組み立てをご紹介出来るとも思います。

先週の記念レースでチームヨコモのお手伝いと広坂氏のマシンセッティングを

させてもらった事を切っ掛けに、もう一台広坂正美氏のローカルレース用BD7を

新規作成させて頂ける事になりまして、コレはいい機会かと思いますので、

広坂氏用のマシン製作を例題にご紹介して参りましょう

Img_2035_1600

まずは、するしないはご自由ですが、ビジュアル的にも美しいカーボン処理から。

Img_2037_1600

カーボン処理にはまず2通りの方法を接される事が多いと思いますが、

① 瞬間流し

カーボンパーツの切削面に中粘度の瞬間接着剤を流し、硬化後にペーパーで磨く

② 手磨き   自分はこの方法が好みです。

まず、ダイヤモンドヤスリで切削面の角を丁寧に落とします。

その後400番の耐水ペーパーでひたすら磨き、角が丸くなった時点で1000番ペーパーで

再度磨きます。最後に金属磨きの「ピカール」で仕上げると家具の表面のような仕上がり。

手触りも良く、自然なツヤで、多少キズ等が入っても同じ方法で修正が可能です。

Img_2046_1600

カーボンが仕上がったらバルクの取り付けです。

BD7のアルミバルクにはポッチがあって一定の正確な取り付けが出来る工夫が

されてますが、この前後バルクにはF/Rのデフという駆動系には大事な回転物

それも、1510サイズの大きなベアリングが付くものが搭載されますので、

駆動系の回転ロスにならない様に平行に取り付けが出来る様、取り付け幅を

合わせます、バルクの前後で同じ数値になる様に調整しながらシャーシ底の

M3×6皿ビスを締めつけます。これで前後デフの回転を圧迫させません。

Img_2050_1600

今回はヨコモ製スーパープレシジョンベアリングセットを使用し、軽さを求めます。

Img_2057_1600

ベアリングは取り付け前に、裏表にベアリングオイルをさして馴染ませておきます。

ドライタイプは勿論、グリス封入タイプも同様の下ごしらえをしておきます。

Img_2049_1600

これも駆動系製作の下ごしらえですが、ベルトを袋に入れてWD40やクレポリメイト、

アーマオールなどをふきかけて馴染ませますと柔らかくしなやかなベルトになります。

CRC556や実車タイヤつや出し等はゴムを劣化させますのでおススメ出来ません。

当店オリジナルのスーパーローフリクションベルトはそのまま装着して下さい。

Img_2047_1600

これも駆動系。ギヤデフは組み立て済みですが、一度バラしてカップ用Oリングを

京商製ORG05に交換し、X-GEAR、ヨコモ等から発売のギヤデフシールグリスを

たっぷり目につけて組み込みますとオイル漏れしにくく、カップの潤滑にもなります。

オイルは、X-GEAR&ヨコモ製のフレックスデフオイルDOT3を基準使用し、

リアが軽い動きと判断した場合はDOT4へ、どっしりしすぎならDOT2へ。

入れるオイルの分量は、重量を測るのが正確ですが、自分はクロスシャフトの

中心が隠れるくらい(7分目程度)を基準にして、ドライバーの好みで量を増減します。

ちなみに広坂選手のマシンは、DOT3を10割でした。

Img_2051_1600

ヨコモから発売のオプション「チタンコートセンターシャフト」を組み込むと、

センタープーリーの回転抵抗を減らし、シャフトのやせも軽減できます。

Img_2052_1600

駆動系が組めたらバルクに搭載し、ベルトテンションを調整します。

ほぼどの車もベアリングカムをセンターから一段緩めた位置で落ち着いてます。

センターシャフトには0.25mmのシムが入りますが、標準のPanareser製スパーギヤなら

そのまま組み、スポーツクラス等で使用のゼノン製等なら厚さがあるのでシムを抜いて

装着するなど調整して組み込みましょう。

Img_2059_1600

駆動系が組めたら、サーボの取り付けですが、お約束のオプション

「SPLサーボマウント」を使用して取り付けます。

説明書では下から2点止めですが、クラッシュでサーボマウントがずれて

トリムが狂います。対策としてアンテナマウント穴に3×16のビスで固定し

3点止めにするとクラッシュでもずれにくくなります。これは、ヨコモの海野氏からも

「その想定でのビスホールです」とのこと。

アンテナレスなら上部はナット固定し、

アンテナ付きなら、そのままアンテナマウントでギュッと固定して下さい。

シャーシとの隙間には2mmのアルミスペーサーがピッタリです。

Img_2060_1600
と、今日はここまで。この次は足回りと気になるダンパーの作り方を含めて

ご紹介していきましょう。ではでは!

臨時休業のお知らせ

こんにちは店長です。

明日、2月4日は通院の為、臨時休業させて頂きます。

入院の必要は回避しましたが、外来での精密検査が必要な為やむなく臨時休業致します。

皆さまから御心配のお声掛けを頂き、ほんとに有難うございます。

また、ご来店、走行予定のお客様には大変恐縮ですが、事情をご理解下さいませ。

明後日はもちろん通常通り営業いたしますので、皆さまのお越しをお待ちしております。

よろしくお願い致します。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »