フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月26日 (土)

ドリコース変更&入荷情報!

こんにちは!店長です。

今日は、朝からドリフトコースのレイアウト変更を敢行しました!

Img_2529_1600

緩急の付いたレイアウトで、追走が楽しそうなレイアウトになりました。

午後よりオープンしておりますので、ぜひ、試しに来て下さいね!

そしてそしてですね!商品の方も色々と入ってきました!

では、ピックアップしながらご紹介いたします。

Img_2514_1600

「ヨコモ BL-SP、PRO3 Turbo等 NEW ESCシリーズ&BL-R3.1ブラシレスESC」

すでに入荷してましたが、ご案内がまだでしたので!

ケース色も、全て黒に変わって中身も一新した新ESCシリーズです。

ZEROブラシレスモーターとのコンボセットは格安なのに抜群の性能!

新ファームで、設定項目も増えました。セット変更用プログラマー「YBP3」も同時入荷!

セッティングに自信のない方も、当店でお買い上げ頂ければ、BL-3シリーズ、R3.1共に

セットアップまでお手伝い致します。グリップ、ドリフトどちらでもお申し付け下さい。

また、大好評の「BD-7 Ver RS」組み立てキットも在庫しております!

Img_2524_1600_4

アクティブホビー 「ミニ用FD-3S RX-7ボディ」 

「BLITZ競技用ツーリングカーボディ TSX 190mm 0.6mm厚」

ガンベイド用に、1枚は持ってる人気ボディとEXPクラス用の最有力ボディが入荷しました

Img_2526_1600

新規取扱ブランド「G Fore」格安ですが、面白そうな商品を出してますね!

まずは、この機能でこの価格?タイヤウォーマーの入荷からスタートです!

その他のラインナップもぜひご用命ください!

Img_2525_1600

そして、フレンドシップの強いマッチモアからは、必需品「タイヤサンダー2」ブラック!

Img_2527_1600

店長も愛用のピットマット、Li-Poセーフティバッグ他のマッチモア商品も入荷してます。

Img_2528_1600

そして、そして!ご要望にお応えして、復活させます!

PRO SPEED/Omegaコラボレーション商品「スーパーベアリングオイルPRO」!!

うわさの赤い奴です!

店長が実車業界時代にサポート頂いた「Omega Racing OIL」

レーシングオイルでは最強のオイルメーカーとのコラボ商品で、

コレに勝てるベアリングオイルは無いと言っても過言ではありません!

どうせ、復活させるならと、今回、Omegaさんのご提案で、抜群の潤滑性は変わらず、

ベアリング内部を保護する性能を更にアップさせたブレンドにアップデートして

頂きました。ぜひその性能をご自身でお確かめ下さい!

その他にもレギュラー商品、消耗品もどどっと入荷しています。

ぜひ、走行に、お買い物にお越しくださいね!

スタッフ一同お待ちしております!!

2013年10月23日 (水)

ドリフトコースレイアウト変更のお知らせ!!

こんばんはrain母ちゃんですo(_ _)oペコッ

今年は異常とも言えるくらい色んな事が次々起こっていますねsweat01

伊豆大島の方では台風の影響でかなりの被害が出ているとの事で、被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

まだ不明者の方の捜索などが行われている状態で、また次の台風が日本に接近していると言う事ですので、これ以上犠牲者が出ないようにただただ祈るばかりです。

今週いっぱいは関西にも台風の影響が心配されるみたいですので、お出掛けの際は十分お気を付け下さい。

さて、最近は急ぎのボディがたくさんあり、大変忙しくさせて頂いてまして、毎日充実してますheart04

新しいデザインのボディもあり、新鮮な感じで塗装させて頂きましたhappy01

想像以上に喜んで頂けたので、かなり満足しています。

この次に控えているボディも間もなく下書きが終わりますので、早くお渡し出来るように急いで丁寧に塗装していきたいと思いますhappy01

そして、大変お待たせしてしまいましたが、ドリフト本コースのレイアウト変更が正式に決定しましたので、ご案内致しますsign03

今週末10月26日(土)はレイアウト変更の為、改修作業終了までコースCLOSEとさせて頂きます。

予定では午前中いっぱいとさせて頂いておりますが、作業の進み具合によっては午後にずれこんでしまう場合もありますので、予めご了承ください。

そして、当日は先着3名様無料とさせていただきますsign03

完成後のお試し走行をして頂ける方はお早めにお越しくださいo(_ _)oペコッ

そしてそして、10月26日(土)・10月27日(日)はドリフトコースを1DAY・AorBプランでご利用のお客様に限り、通常のコース料金より300円OFF!!

とさせていただきますsign03

しみっちがかなり悩んで考えてくれていましたので、ぜひ皆さまお越しくださいsign03

また、新コースに取り入れてほしいことなどございましたらお気軽にお声をお掛け下さい。

全ての皆さまにとって楽しく過ごせる場である為に、今後も企画運営に努めさせて頂きます。

では明日からも多数様のご来店・ご走行スタッフ一同心よりお待ち致しております。

以上母ちゃんでしたdash

2013年10月21日 (月)

月例レース第10戦終了!

こんにちは!店長です。

昨日は、月例レース第10戦にご参加の選手の方々、また、走行、お買い物に多数の

ご来店を頂き、ありがとうございました!

201310_1600_2

さっそく、各クラスのレース結果をお届けします。

まずは、今回から始まる「フォーミュラナロークラス」年内はお試しです。

Fb_1600
さてさて、ふたを開けてみると、12名の参加で2ヒート出来ました。

決勝はBメインから。優勝は、ヨコモYRFの和泉選手、2番手にタミヤF104のツジちゃん選手

3位に104の岩元選手でしたが、このクラスはまだまだこれから詰まっていくのが、

間違いないようですね。あわてず楽しんで行きましょう!

そしてAメイン!

Fa_1600

優勝はYRF001の浜野選手。難しいとは言いながらも淡々と走らせていましたね。

2番手にもYRF001の竹内選手。3位にF104のキミ・ライコロン選手(ロンちゃん)が

入りました。これから盛り上がりそうですので、楽しみですね!

そして、ミニスポーツクラスBメイン!

Mb_1600

松本選手とどちらがと思われたレースを、岩元選手が制しました!

淡々と走るも、2番手に松本選手、3位にツジちゃん選手となりました。

そしてミニAメイン!

Ma_1600

ハイラップを重ねた平田選手が優勝!若干の差で2位は光本選手、タイトなラインで

攻め続けたミニピックアップの田村 崇選手が3位を守りました。

続いては、マスタークラスCメイン!

_1600

最近当店へこられ出して、練習を重ねた藤巻選手ですが、今回、初参加でCメイン1位と

なかなかの結果を出されました。2位にお久しぶりの増田選手、3位に和泉選手でした。

続いて、マスターBメイン!

_1600_2

ここで、痛恨のポンダートラブルが発生!優勝は、岩元選手となりましたが、2位には、

柳井選手がノーカウントでしたが入りました。3位に福岡選手となりましたがこのヒートは

ご迷惑をお掛けしました。

A_1600
さて、ポンダー充電の為に若干のインターバルを入れ、Aメインのスタートですが、

あれ?TQの中嶋選手が最後尾に?何と自らの逆グリッド申請でした!

ところが、それをものともせず、全てのマシンを抜き去って優勝!すげぇ~!!

2位には沖選手、3位に新進気鋭の山崎選手が入りました!

来月は、ダークホース(謎)が参戦予定ですので、皆さん頑張って下さいね!

さて最後はエキスパートクラス!まずはBメインから。

Exp_1600

トップ3に福谷選手が絡む様相でスタートしましたが、前田っち選手がトップゴール!

2位をキープした寺前選手が2位、3位に宮川(和)選手となりました。

福谷選手は、私の知る本領ではありませんので、今後が楽しみですね。

そして、最後はEXP Aメイン。

Expa_1600_3

前田選手がTQ&初優勝でした!おめでとうございます。2位にはパワーソースを一新した

宮川お兄ちゃん!、3位に惜しかったおんせん選手となりました。

さぁ、来月も第3週に第11戦を行いますので、たくさんのご参加お待ちしております!

2013年10月18日 (金)

臨時休業日のお知らせ

こんばんは!店長です。

気温がグッと下がってきましたが、風邪など召されてませんか?十分注意して下さいね!

さて今週末は、月例レース第10戦!お試しですが、F-1ナロークラスも行います。

恒例の母ちゃんランチもお客様のところで採れた新米!を使うそうですので、楽しみですよ!

本題の今月最後のお休みをお知らせいたします。

10月22日(火)を臨時休業日とさせて頂きます。

ご来店予定の方には大変恐縮ですが、ご理解下さいませ。

店頭の方では、恒例の母ちゃんセールも開始しております!

日曜は、月例レースの為、ドリフト以外の一般走行は出来ませんが、

明日土曜日は一般走行日となりますので、是非ご来店をお待ちしております!!

konngetusaigono

2013年10月17日 (木)

レース直前母ちゃんセール!!

こんにちはsunブログでは超お久しぶりの母ちゃんです(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

最近急に気温が下がって、上着がなくては過ごせない日もあるくらいですねsad

夏から秋に変わるあの時期が一番好きなんですが、今年はあっと言う間に冬になりそうな感じです。

昨日の天気予報では、発達するかはさておいて、遠くの方で、発達すれば27号目になるものがくすぶってるとのことでした。

これが台風になれば観測史上3番目に遅く上陸した台風になるそうですよtyphoon

関東や東北の方では亡くなられた方もおられるみたいで、改めて台風の怖さを痛感しました。

2~3日前から一日を通してものすごく寒くなってるので、皆さんも体調崩されませんよう十分お気を付け下さい。

さて、今週日曜日は月例レース第10戦!!

今年も残すところあと3戦となりましたsign03

ついこの前記念レースをしたと思ったらもうあと3戦・・・sweat02

母ちゃんが歳を感じる訳だわ( ̄○ ̄;)!

月例レースと言えばこの企画!!

10月18日(金)~10月20日(日)までの3日間、毎月恒例のタイヤセールを開催します!!

今月はレース終了後に抽選会を行いますので、おまけは付いてませんsweat02

ですが色々考えて楽しい抽選会にしたいと思っていますので、皆さまお楽しみに!!

ではでは今日は朝からグリップのお客様で大変賑わっておりますので、お時間ある方は是非お立ち寄りください(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

以上母ちゃんでしたdash

2013年10月16日 (水)

【月例レース】フォーミュラお試しレースを併催します!

こんにちは!店長です。今日は、それたとは言え台風一過で一気に気温が下がって、

さすがにエアコンOFFになりました。

さて、お会いできた方にはお伝えできましたが、20日(日)に開催の月例レース第10戦に

て、来年度初戦より本格稼働の【フォーミュラナロークラス】レースのお試しレースを

行います。

レギュレーションは、ヨコモ規定をベースとし当店向けにアレンジしています。

このまま、12月最終戦まで模索しながらレースを行い、来年度より1年間を見据えた

レギュレーションとポイント制を導入したいと思いますが、スポンジタイヤを使った

ワイドクラスのレースは、路面コンディションに大きな変化を及ぼす為、

現在のところ想定しておりません。

では、暫定のレギュレーションを発表いたします!

Yrf_001n_1600
PRO SPEED月例レース【フォーミュラナロー クラス】
■シャーシ: 各社 1/10 電動 フォーミュラ用として販売されているもの。車幅は185mm以下 ナロー幅。
■ボディ: 各社 1/10 電動 フォーミュラ  用として販売されているオープン タイプ(上から見て4輪のタイヤが見えること)。フロント ウイング、リヤ ウイング、ドライバー人形を装着の事(メーカー自由、但しポリカーボネイト製のフロント  及びリヤ ウイングは禁止)。リヤ ディフューザーと電飾類の装着(メーカー問わず)及び未装着は自由。
■タイヤ&ホイル&インナー: ヨコモ製 フォーミュラ用として販売されているラバータイヤ、付属インナーのみ。ホイルは各社よりフォーミュラ用として販売されているものも使用可。
■バッテリー: リフェ 2セル 6.6V 又は リポ 2セル 7.4V(4000mAh以下)のみ。ショート サイズのLi-Poバッテリーも使用可能。放電レートは80Cまで。
■モーター: ブラシレス21.5TJMRCA公認モーターのみ
■ギヤ比: 3.72以上 (例)スパー【93枚】、ピニオン【25枚】=ギヤ比【3.72】
■ESC(アンプ):メーカー自由。ブースト及びターボ機能の使用は禁止

■各社ステアリング用電子デバイス(ジャイロ)の使用可

■KV規制:2000KV以下(但し+100KVまでは計測器誤差とする)
■全備重量: 980g 以上

ざっと以上になりますが、お試しレースでの状況を見て公式レギュに反映させる予定です。

最終戦までは、暫定ですが、パワーソースに関する意図的な高出力アイテム等の投入

さえなければ、あとはざっくりで様子を見たいと思っています。

皆さんで楽しいレースをして頂きたい趣旨ですので、主催側としましては、

ミニスポーツ同様、ストイックになり過ぎない様に決めごとをして行きます。

参加選手の方々には、意味をご理解いただき、ご協力ください。

ぜひ、楽しいF-1レースにして行きましょう!

2013年10月10日 (木)

BD7 verRS製作Tips(ダンパー編)

こんにちは!店長です。

遅くなりましたが、BD7のダンパー製作をお届けしようと思います。

お陰さまで、店頭でも一番質問を頂きますので、画像と文章で伝わるか分かりませんが、

出来る限りご紹介して参りますね。

verRSの登場で、BD7用ダンパーのバリエーションが更に増えて画像もたくさんありますの

で、RSのノーマル樹脂ダンパーに限らず、BD7用全てが使える観点から詳しくご紹介

て行きます。

Img_2509_1600
さて、画像は、現在手に入るヨコモ製のロングダンパー3種ですね。

BD7標準ダンパー(右)BD7エアレーションキャップ仕様(中)BD7RS標準ダンパー(左)です

が、流行のビッグボア大容量シリンダーを採用しています。

全てのダンパー仕様とパーツを含めると、こんなにダンパーにこだわった車も珍しいで

すが、それだけ性能を大きく左右する超重要パーツである為でしょう。

この後、X-RAY T-4などで採用された、ショートダンパーも開発中とのこと。

多すぎてややこしいですが、逆にどうとでもなるセット幅があるとも思えますよね。

この3種、大きく見るとエアレーション式とダイヤフラム式と見れますが、ダイヤフラム式は

比較的路面が低い時を含めオールラウンドに使え、タイヤの面圧を上げたい時に。

エアレーション式は路面が凄く高い時や荒れた路面やギャップの多い時に安定した動きに

なります。

新タイプのRS用樹脂ダンパーも、コスト上とは言え、「安物のプラダンパー」の域を越え、

上出来!としか言いようが無い一品です。

そのうえで、更に高精度なアルミダンパーも選択肢があると言う解釈です。

ですが、セッティングや、ドライビングテクが向上して、こだわったダンパーを使いたくなった

り、他メーカーのスプリングを使用したい時にはアルミ製ダンパーになるでしょう。

では、3種共用の観点で、パーツと効能、組み方等をご紹介します。

Img_2064_1600

まずは、ピストンとショックシャフトをEリングで固定します。ピストンにガタがある場合は、

3×0.1㎜程度のシムを挟んでガタを取り、ピストンの動きにタイムラグを無くしますが、

製品の個体差から、必要のない場合も多いです。

画像のシャフトはオプションの「チタンコートシャフト」。動きのスルスル感が最高です。

Img_2457_1600

ピストンには、溝がありますので、溝を上側に向けて装着します。

Bd_s113_1600

オプションで、黒い1.1mm 3穴ピストンや、穴なしのブランクピストンがあります。

ブランクピストンには7個のポンチマーキングがあり、3穴、4穴、好きな大きさの穴を

開けたピストンが作れます。穴の大きさと数には、コレが正解は無く、好みとしか

言い様が無いですが、当店コース含め、3穴1.1mmがトレンドですね。

当店でのおススメは、3穴1.1mmがオールラウンダー、ブランクを使用した4穴 0.7mmも

状況によっては良さげな動きを示してました。

オイルは、シリコン、鉱油系共に弱アンダーで安定させるならF/500、R/450あたり。

機敏な動きが好みなら前後450~500番当たりが定番です。

Ys_7hg_1600

次に、ショックケース下部にOリングを装着します。ここにもピストンの動きを良い感触に

動かせる為に選択肢が有ります。

このOリングをたいがいのダンパーは1個入れる場合と2個入れる場合を作れます。

そしてその個数と0リングの材質で欲しいダンパーストロークスピードを変え路面グリップに

合わせた特性を作りますが、オイルの漏れ度重視で考えるのではありません。

ヨコモ製の場合は、0リングに標準の透明の物とオプションのブルーの物がありますが、

透明に比べ、ブルーは動きがスムーズになります。が、利点ばかりでも無く、

スムーズと言う事は、オイルも漏れ易いとも言えます。

と言う事は、同じオイル粘度とし、ストロークスピードで考えると、、、、、

★多少漏れても動きが一番早いもの→ブルー1個

★漏れにくく、動きが早いもの→透明1個

★漏れにくく、動きをゆっくりさせたい→ブルー2個(PRO SPEEDで多い仕様)

★動きがゆっくりでも良いが、漏れ重視→透明2個

となりますが、動きはオイル粘度、シリコンor鉱油で変わります。

カーペットや、ローグリップでは、多少の漏れを覚悟してブルー1個仕様

当店の様なハイグリップでは、ブルー2個のスピードがおすすめとなります。

どのダンパーも0リングの個数を変える時は、その個数用のOリングカラーを使用します。

ここで質問の多いオイル漏れに関してですが、結論、オイルは「漏れるのが当たり前」程度

に考え、問題あるくらい漏れる前にオーバーホールしてあげて下さい。

たとえば1Day走行として欲を言えば、中盤で一回開けてオイルのみ交換する。

さぼっても、その日一日のみ使用するのがイイです。

お世話をするだけ性能で答えてくれ動きが良くなるとも言えますね。

Img_2065_1600

自分は、Oリングを組み付ける前にグリスでは無く、オイルに浸して挿入します。

オイルは、使用するショックオイル(前後粘度違いなら、どちらでもよい)です。

経験上、シリンダーにエアが噛みにくいようです。

Img_2066_1600
ケースに挿入したら、更に使用オイルを1滴差します。

Img_2070_1600

カラーとロアキャップを付けて、ピストン&シャフトを差し込みますが、

出来るだけOリングを傷つけない様にしましょう。

その後、先にロアエンドを装着して置きます。

ねじ込む時は、ニッパーでネジ部の端をつかんでねじ込み、

オイルを入れずにアッパーキャップを装着し、ロアエンドの締め込み量で、

全長を約63mmに調整します。

Img_2068_1600

4本出来たら、ダンパースタンドに立て、オイルを満杯入れます。

入れたら、シャフトをゆっくり数回上下させ気泡を抜きます。

気持ち待ったら、気泡が消えて行きますが、オイルによって消えにくい場合は、

ライターでサッとあぶると、シュッと消えてくれますよ。それでも無くならない場合は、

少しもったいないですが、一度オイルを捨てて入れ替えてやり直してもらうと無くなります。

Img_2071_1600
オイルのエア抜きが出来たらアッパーキャップを取り付けますが、

その前にダイヤフラム式の場合ダイヤフラムを載せます。

ここでは、最近一番使用する仕様「ダイヤフラム負圧式」で組んでみます。

ダイヤフラムはオプションのYS-8Dフッソゴム製ハイパーダイヤフラム(通称ブラック)

を好みで使用しています。

まずは、ダイヤフラムを指の腹で軽く押さえ、オイルを擦りきるイメージで。

Img_2073_1600

擦り切ったら指を離し、シャフトを超ゆっくりと引いて行きます。

引ききったらロアエンドを上方向へ押さえたまま、中のオイル室を真空にするイメージで

小指で真ん中をグッと押さえこみます

Img_2074_1600

すると、ダイヤフラムの真ん中がペコっとへっ込み、真空で中に引き込まれた様に

なっているのが分かるでしょうか?

Img_2075_1600

このまま引いたロアエンドの力を緩めずに、キャップエンド、キャップを締め込みます。

締め込んでから、初めてロアエンドに入れてた力を抜いて下さい。

ここまでで完成ですが、シャフトを引っ張ると負圧の力でシャフトが縮みますね。

これがいわゆる「引きダンパー」と言う奴です。

この組み立て過程で、引く量を加減すると、100%~0%の引き量が調整出来ますが、

かなり感覚と、経験値になりますので、目標の引き量を4本揃える事が出来るように

練習がまず必要かと思います。

この負圧式は、全引き~50%あたりでハイグリップで安定感を出し、ハイサイドしにくくなり

ますが、カーペットやローグリップでも30%~50%の引きを作って安定させるのが

主流の様です。かと言って、反発(パッツン)や、ダイヤフラムの上に置くプレッシャースポン

ジも有効なケースがありますので、自分の走らせ安さを探して頂きたいと思います。Img_2077_1600

そして最後に必ず、全長をピッタリ合わせて下さいね!シャーシ側のリバウンド調整とも

相まって、車高にも関係しますし、ダンパー内部でのピストン位置をあわせる為です。

この他、先に紹介した「エアレーション式キャップ」もありますが、

ほんの少しの慣れで、4本揃えた引きダンパーが作れるので、対応路面になった場合は

旋回速度が安定し、バギーなどで定番な事から見れるように耐ギャップ性が良くなります。

作り方は、画像では紹介しにくいので、店頭にて聞いて下さい

B7_s8h_1600

さぁダンパーが組めたらシャーシに取り付けますが、ショックキャップ・エンドボールを

はめ込みます。その際オプションのB7-S8H潤滑ハードコートボールをご使用頂くと

ダンパーとサスの動きが超スムーズになりますので、これもおススメの一品です。

特にこのダンパーはボールサイズが大きいので有効なパーツですよ。

最後になりましたが、ダンパーオイルについての紹介です。

Ys_150_700_1600

分かりやすさで選ぶとヨコモ製シリコンショックオイルが価格も安価でおススメです。

シリコン製は特に各社から販売されていますが、混同しない様したいものです。

たとえば、当店ではヨコモ製とアソシ製を在庫していますが、アソシの50番と

ヨコモの500番は粘度が違います。どちらが基準では無いですが、ご自分の好みや

感触で判断します。同じ500番程度でも少しアソシの方が相対的に硬めだったりします。

マニアックに、ハイグリップ路面となると鉱油系の「X-GEAR製フレックスショックオイル」

が人気です。但し、2.5番刻みの細かい粘度設定で、ビギナーの方には分かりにくい

ですが、利点も多く負圧を保持し易くてシリコンゴムの膨張がほぼ無いなど、

慣れると非常におススメです。

ダンパー関連は、これまでの内容に更にスプリングの選択が入るわけですから、

様々な路面に対応させる為のアイテムなのが分かりますが、

verRSを購入したばかりの方を想定すると、まずオイルはヨコモの400番で良いと思いま

すが、その前にホームコースに合ったバネを選択するのが先です。

バネが決まったらオイルの硬さを変えてみましょう。

フロントだけ硬くするとどうなるか?前後とも変化させると・・とかで基本が見えると思いま

すので、色々とトライしてみて下さいね。

それと、何度も言いますが、ダンパーオーバーホールはこまめに行って下さい!

タイヤコンディションと合わせて、セッティングの8割を占めています。

せっかく買ったマシンですから、好みを見つけて長く楽しんで頂きたいです。

長々とご拝謁ありがとうございました。

2013年10月 4日 (金)

臨時休業のお知らせ

こんにちは!店長です。

10月に入って朝晩ひんやりするくらいになりましたね。

表題の通り、臨時休業日のお知らせをさせて頂きます。

10月7日(月)臨時休業日となりました。

ご来店予定のお客様には大変恐縮ですが、ご理解いただきますようお願い致します。

よろしくお願い致します。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »