フォト

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 臨時休業のお知らせ&新製品&入荷情報! | トップページ | 新製品&入荷情報 »

2014年7月23日 (水)

ガンベイド効率アップメンテナンス

こんにちは!店長です。

関西もようやく梅雨が明けましたね。

現在外の気温は32℃のカンカン照りなんですが、ピット、コースの

温度計は26.1℃と空気がひんやりと感じられるほどです。

ぜひ避暑に来て下さいね(笑)

今日は、ABC-HOBBYガンベイドのちょっとした新製品を取り入れた

オーバーホールのおススメをご紹介します。

新車投入後2年を経過したPRO SPEED号ですが、初期にくらべ

最近ギヤノイズが気になる様になって来ました。

理由を探るべく駆動系をバラして行くと、コレかぁ!と消耗してる部位が。。

Img_2902_1600

モータープレートから延びるスパーギヤシャフトとギヤケース内から

出ているカウンターギヤシャフトが減ってる?更にバラすと。。

Img_2904_1600

スパーギヤシャフトはまだマシですが、カウンターギヤシャフトに

850ベアリングで支持される部位2か所が減って段まで出来ています。

この左右にカウンターギヤが付くセンター軸ですので、中心が出て

回転している訳も無く、回転が振るであろう訳ですから音も出るんですね。

実はこのまま使いますと、ベアリングがバラバラに壊れます。

バラしたついでにギヤケース内のギヤデフや、ボールデフも

問題なければ、分解清掃とグリスアップ。気になるようですと

オーバーホールパーツを気持ちよく交換します。

あとでここだけバラすのは、億劫な部位ですからね。

Img_2901_1600

そして例題の部位を新しく設定されたスチール製のシャフトに

両方交換です!

直近のキットノーマルはこのスチール製ですが、従来のキットは、

アルミ製が付いていました。微妙に軽いのは良いのですが、

柔らかいアルミシャフトにステンベアリングが荷重を掛けて回転しますよね。

それでもかなり長期に持ちましたが、強度なら鉄製が勝ります。

Img_2905_1600

耐クラッシュ性も良くなりますので、シャフトが曲がりにくく、

ギヤを回す中心軸精度が高く、カウンター&スパーギヤまで回転精度が

良くなりますので、ギヤノイズもぐんと軽やかな音に変わります。

どう考えても駆動効率が良さそうな音になりました。

ついでに1510や850の各部ベアリングも新品にし、オイルを刺しておきましょう

Img_2906_1600

スパーギヤシャフトを装着する時に、ピン穴とピンの関係をこのように

なる様にしておけば、走行時のクラッシュでピンが抜け、

カバーとスパーギヤが外れて走行不能になるトラブルが極力防げます。

ここまでを分解する際にステアリングクランクもバラしますから、

630ベアリングの全数も点検し、不具合があれば交換しましょう。

走行テストも加速が軽いです!オプションのスチールカウンターギヤも

投入するとさらに軽くなります。

オーバーホール時期かなと考えてる方は是非お試しください!

« 臨時休業のお知らせ&新製品&入荷情報! | トップページ | 新製品&入荷情報 »