フォト

カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 第1回タミヤチャレンジカップin PRO SPEED | トップページ | SANWA M12S 体験会 »

2015年7月18日 (土)

タミヤTB-04R デモカーセットアップ

こんにちは!店長です。

台風一過、日差しも出てきて良いお天気になりましたね。

明日、19日(日)は、すでにお伝えしております通り、

「SANWA M12S 体験会」を開催いたします。

通常走行日ですが、ご希望の方に体感して頂きたいと思います。

まだ、若干数お受けできますので、明日走行にお越しの方は、

お気軽にお申し付け下さいね!

さて、先週日曜に、当店にて行いましたタミチャレ!

当店で作製したタミヤTB-04Rのセットアップが煮詰まりましたので、

詳細をご紹介しようと思います。

Img_3373_1600

まずボディは、NSXコンセプトGTを使用しました。

非常に安定感のある特性で、ストレートがラクなボディです。

と言いながらもよく曲がります。更クイックに曲がる特性

なのが、BRZ系ボディですが、安定度というより、アグレッシブに

攻める系統と言えますね。

Img_3374_1600

まずは、フロントの足回り。

アッパーアーム内側に3.5mmスペーサー。

外側は無しです。

Img_3376_1600

Fナックルのタイロッド部分には、3mmスペーサーで、

バンプ時のトー変化を変更しています。

Img_3375_1600

フロントデフは、標準のスプールからギヤデフに変更して、

転がりを重視しています。中のオイルはTRF VG 800番を3割程度。

これは、リアのギヤデフをフロントへ持ってきています。

また、サスマウントは、FF/1C、FR/1Cでスペーサーなしベタ付。

Img_3378_1600

さてリアですが、デフケースの中は、オプションパーツの

「アルミボールデフセット」に変更。コーナーリング半径を

小さくすることと、立ち上がり加速を良くしています。

特に、コーナーが連続するインフィールドで良い結果になります。

サスブロックは、RF/1X、RR/1Eで、これもベタ付け。

広い目のトー角2.5度にし、安定感と、トップスピードが

向上しました。

またフロント、リア全て、つながったサスブロックで、

路面的にセパレートタイプは使わず、剛性を上げています。

そして、リアアッパーアームは、内側に3mmスペーサー。

Img_3379_1600

外側にも3mmスペーサーで、タミチャレ指定タイヤでの

リアグリップを確保しました。

フロントの画像でもお気づきかと思いますが、ダンパーは、

TRFエアレーションダンパーに変更し、8割の引きで使っています。

スプリングは、TRF大径スプリングF/ブラック、R/ブラックですが、

これは路面状況で変化させて下さいね。

ショックオイルは、前後ともVG 45番です。

ココは、通常のダイヤフラム式TRFダンパーでも問題は無いの

ですが、エアレーションのテストを兼ねている為で、

絶対ではありません。

Img_3381_1600

ダンパー角は、F/内から3番目、R/一番内側なんですが、

一番内側にしますとスプリングリテーナーとリアサスアームが

干渉する場合があります。その場合は、アルミエンドボールに代え

て、ボールナットと3×10mm程度のホロービスに1.5mmのアルミスペ

ーサーを噛ませてオフセットさせると、ギリ干渉しないと思います。

Img_3380_1600

最後は、キモのアライメントですね。

車高は、F/4.5mm、R/5.0mm、キャンバーF/1.0度、R/2.0度

リバウンドは、地上から外側サスピン中心までの高さで、

F/11mm、R/10mmと少し少なめの設定です。

最後にフロントのトー角は、R/アウト0.5度、L/アウト0.5度で、

トータルトーマイナス1度となります。

あとは、シャーシ上側から見えるビスをタミヤ製チタンビスに変更

程度で、それ以外のオプションパーツや、特殊な加工など一切なし

で、非常によく走るマシンなのですが、要点は、サスマウント、

スプリングとダンパー角。同様に、F/Rのデフ形式も何を選ぶかで、

コーナリングの回転半径と、グリップ、前後バランスにまで

大きく影響します。

以上は、あくまで参考例ですが、かなり万人受けするセットですので

参考にしてみてくださいね。

実は、非常に奥の深いタミチャレ仕様ですが、まだまだ研究して行

きますので、新たなものが見つかり次第、ご紹介したいと思います。

タミヤフリークは、ぜひお楽しみに!

« 第1回タミヤチャレンジカップin PRO SPEED | トップページ | SANWA M12S 体験会 »