フォト

カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月22日 (火)

月例レース最終戦

こんにちは!店長です。
先だっては、月例レース最終戦にご参加の方々、ドリフトコース走行や、お買い物に
来ていただいたお客様、ご来店ありがとうございました!
今年度の月例レースも滞りなく終了できました!
 
では、早速決勝の結果をご紹介しましょう。
 
【タミヤGTクラス】
 
Img_3529_1600
 
タミヤクラスの予選TQをゲットしたのが、中村選手!
好調な中村選手は、決勝スタートからそのままレースをリードします。
最後はそのまま逃げ切って優勝!
2位に僅差の沖選手、3位に大健闘の大江選手が入りました。
【F1ナロークラス】

Img_3530_1600

竹内選手が好調かと思われたF1ナロークラスでしたが、

しっかりあわせて来る浜野選手が逃げて優勝!

2位に惜しかった竹内選手、3位に木村選手となり、

2015F1ナロークラスのクラスチャンピオンに浜野選手が確定しました。

おめでとうございます!

【マスタークラス】

Img_3531_1600

9台フルレースになったマスタークラス!

TQスタートの裕二選手をかわした明宏選手がトップに立つと、ぐんぐん逃げていきます。

そして、8分間そのまま他を寄せ付けずに優勝!

2位に沖選手、3位にご病気を克服され、久々に参加頂いた中島お父ちゃんが入りました

マスタークラスも、年間チャンピオンに山本明宏選手が決定!

おめでとうございます!

【エキスパートクラスBメイン】

Img_3532_1600

波乱含みのBメインは宮川和選手が好調。

先頭からぐんぐん逃げ切ってそのままトップゴールでした!

2位には宇野選手、3位に竹島選手が入りました。

【エキスパートクラスAメイン】

Img_3533_1600

先週発売になったばかりのヨコモBD7-2016を2台含むAメイン。

まさかの大波乱で序盤から浜野選手、木村選手が後退、

抜け出た本田選手が逃げる体制に入ります。

淡々とミスしないようにラップを重ねて、本田選手優勝!

山内選手が2位、3位にゲスト参加してくれた、1/8GPワールドドライバーの

嶋崎真弥選手が入りました!

惜しくも4位だった浜野選手。ポイント合計で2015エキスパートクラス年間チャンピオンに

輝きました!おめでとうございます!

 

非常に盛り上がった月例レース最終戦。来年度2016シリーズは、1月24日(日)に

開幕戦を開催予定です!ぜひぜひ来年も盛り上がっていきましょう!

2015年12月16日 (水)

ヨコモBD7‐2016入荷!

こんにちは!店長です。
お待たせしたBD7‐2016が入荷いたしました。

Img_3512_1600

パッケージはホワイトですね~。黒が3年続いたので新鮮ですね。

Img_3513_1600

エキスパートクラスの方にはアルミメインシャーシが人気。

3Dカットが物欲をそそります。

Img_3514_1600

裏側には左右3本づつのフライススリットが入ります。

これで微妙なフレックスを出してるんでしょうね。

Img_3515_1600

マスタークラスの主流になるであろうギヤデフは、F用もご用意。

ケース内容量はほぼ変わらなく、プーリーのみ小さくなってます。

クリアランスも絶妙なので、オイル入れるだけで良さそうですよ。

Slf_shortshock2_1600

気になるのが、 新型ショートビッグボアダンパー!

内径で1mm大容量化されてますので、ショート化した場合のしなやかさが期待できます。

オイル容量が増やせるので、まさに実車ダンパーの常套手段ですね。

早い方は、週末の月例レース投入でしょうか?

ご来店お待ちしておりまーす!!

2015年12月15日 (火)

ヨコモBD7-2016 明日入荷予定!

こんにちは!店長です!
さて、発売が遅れたヨコモBD7-2016ですが、いよいよ明日入荷予定となりました!

12208349_1094749057202310_836282917

すでにヨコモさんを出た模様ですので、ヤマト運輸さん頼みましたよ(笑)

定刻通りなら、明日正午前後に当店着となります。

フルキット、コンバージョン、新規パーツが同時発送されたとのこと。

ご予約頂いたお客様の分は、初回完納出来るようです!

また、エキスパートクラスの方には、アルミメインシャーシ。

マスタークラスの方には、追加用ギヤデフも勝手に(笑)ご用意させて頂きました。

開発の海野氏から「特にPRO SPEEDさんでは良さが生かせる仕様です。」と、

うれしいコメントも頂いています。シェイクダウンが楽しみですね!!

2015年12月11日 (金)

PRO SPEEDリニューアルオープン!

こんにちは!店長です。
すでにご存じの方も多いと思いますが、このたびPRO SPEEDは、総合ホビーショップへと
転身することとなりました!

Img_3511_1600_2

と言いましても、今まで支えて頂いたRCユーザーに、今後も楽しみ続けて頂くための決断となります。
現行のコースやレース運営は今まで通り。RC関連商品も圧縮しながらも現在より増やします!
なかでも、今回からの新規取り扱いジャンルの中心は「ガンプラ」。
新旧のガンプラから、話題のプラモ、ミニ四駆の充実やRCドローンまでが増える訳です。
現在、営業しながら順次リニューアル進行してまして、約7割が完成!
この20日のプレオープンまでには完成予定です。
この後の営業予定ですが、12月20日プレオープン&月例レース最終戦、
21日臨時休業、そして23日(祝)がグランドオープンとなります。
では、現在お見せできる一部をご紹介します。

Img_3503_1600_2

新旧がそろった機動戦士ガンダムプラモ!最新作「鉄血のオルフェンズ」シリーズも
バッチリ揃いました!超レアな「すーぱーふみな」は23日先着3名様まで販売です♡

Img_3506_1600_2

これが今、老若男女問わず大人気のお城プラモ!リアルですよ!
京都奈良地区ならではのお寺プラモも各種揃いました。

Img_3507_1600

運送関係の方にも大人気のデコトラシリーズ!一番星もあります!

Img_3505_1600

当店の場所柄、キッズに人気の妖怪ウォッチなどキャラクター物もOK!

バンダイのレアもの妖怪ウォッチUプロトタイプ本体や、妖怪メダルもあるんです。

Img_3504_1600

クレオス製プラカラーも水性、油性と全ラインナップ!溶剤関連や接着剤もバッチリ!

Img_3508_1600

プラモ用工具関連も充実のラインナップ!

ラジコンと共用できる感じですね~。

Img_3509_1600

プラバンなどの改造用品コーナーです。

Img_3501_1600

タミヤミニ四駆キットも人気商品がバッチリ揃いました!

あとは、ラジコン関連が増える予定です。

そして、来年1月にはまだマル秘のキッズ向けジャンルが始動予定!

と、大型ショピングモール内という立地を生かすべく、既存のRCユーザーにも

楽しんで頂けたらいいなと考えております。

ぜひ、今後とも新生PRO SPEEDをご支援ください!

最後になりましたが、本日は、品切れだった商品が再入荷です!

Img_3500_1600

Much‐More Racing 

ストックスペックLi-Poバッテリー、ブラックスーツセッティングボード、ベアリング、その他

X-GEAR G8スプリング 各種

人気バッテリーが再入荷いたしました。

お待ちかねのヨコモBD7-2016は来週より順次入荷との情報です。

この週末は、ぜひ店頭へ遊びに来てくださいね!お待ちしております!!

2015年12月 7日 (月)

月例レギュレーション2016!

こんにちは!店長です!
さていよいよ来年を見据えた月例レースの来年度レギュを発表です。
基本、エキスパート、タミヤGT、F1、ミニは今年度のまま変更は無しとしますが、
マスタークラスのみ速度を規制した新レギュに移行します。
PRO SPEED 2016‘月例レースレギュレーション

 ツーリング マスタークラス

【シャーシ】 各社 1/10 4WDツーリングカー(自作車・改造車不可)

【ボディ】 各社1/10用スケールカー系 レギュラーウェイトボディのみ

マツダ6等の純レース用等、コンセプトカー、Cカー等、純レース用に匹敵する空力重視の物やRC限定等の物、軽量ウェイトバージョン等は、使用不可

ウイングは、タミヤOPの物のみ可。ステー他、付属以外のパーツは使用できない。

【モーター/バッテリー】

JMRCA公認 21.5Tブラシレスモーター+ Li-Po 2S 7.4V

 ※モーターに他社パーツ等を使用した改造は禁止

 ※パワーソース全般については、国内正規流通品のみ使用可

【回転規制】 当店指定のタコメーターにて走行後330回転以下

【その他】Fワンウェイ禁止

【ギヤ比】4.8:1以上

【タイヤ】Sweep PRO SPEEDプリマウントコントロールタイヤ制

【重量】全装備計測1350g以上(AMBレンタルポンダー含む)

【グリップ剤】PRO SPEEDオリジナルグリップ剤のみ

【出場制限】EXPクラスAメイン優勝経験者は、出場不可

【レース形式】予選5分(周回数)×2R以上、決勝8分×1R

このほか、ウェイトハンディ等の提案もありましたが、回転規制にて速度が

一定化する傾向の為、初戦は保留とし傾向を見ながら取り入れる

事も視野に入れたいと思います。

また、年度途中であっても市況などの変化により、レギュ変更する場合も

ありますので、ご承知おき下さい。

これで、タミヤクラス→マスタークラス→エキスパートクラスと速度がきれいに

割れ、マスタークラスは11秒0前後の速度に落ちます。

タミヤクラスの方からも数名、マスタークラスとのWエントリーされます!

入り易くなった、マスタークラス2016レギュ!新規参加をお考えのあなたも、

ぜひお気軽に店長までお声がけください!

なぜなら・・・私もマスタークラスに参加希望だからですよ(笑)

マシンは何を・・・内緒です(笑)

ぜひぜひ!一緒にまったりと楽しませてください!よろしくお願いします。

2015年12月 3日 (木)

ボールデフ組み立てのコツ

こんにちは!店長です。
めっきり寒くなりましたが、お風邪など召されてませんか?
こちらでは、コース・ピット共に、暖房が入って快適ですので、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね!!
今日は、お客様からのご要望にお応えして、久々のマシンメンテに関するワークショップをご紹介したいと思います。
今回は、最近、DDカー以外、あまり触れなくなった「ボールデフ」
一昔前は、当たり前だったこのデフ形式なんですが、ギヤデフが当たり前になりつつある中
で、クイックに曲がり、スロットルオンで前に出る感じは、まだまだ現役で、特にタミヤクラス
では走行特性が変わる重要な選択肢と言えます。
では、順を追ってご紹介してまいりましょう。

Img_3449_1600

まずパーツ構成です。プーリー、ハウジング、デフボール必要個数、デフスクリュー、

デフスプリング、スラストベアリング、これにプレートや必要に応じてのシムです。

Img_3450_1600

デフボールを左右から挟むのがプレートですが、表面と裏面がありますので、

角の丸い方(表)をボールの当たる面とします。

そして、取り付け前に必ずパーツクリーナーで脱脂しましょう。

Img_3455_1600

ハウジングにプレートを取り付ける際に、Dカットの切り欠きに合わせ、薄くデフグリスを

塗り、プレートを張り合わせる感じで取り付けます。

Img_3452_1600

Img_3459_1600

超重要なのが「スラストベアリング」です。タミヤの一体型とスラストプレート、スラストボール

の分割型があります。デフの軽さに関わる重要なパーツ。

どのスラストもスラストグリスの質で大きく摺動に影響しますが、ここの使うのは「滑らすためのグリス」です!

ここは、グリスでデコレーションケーキの生クリーム状態にしちゃってください。

Img_3454_1600_2

続いて、メインボールです。これもクリーナーで完全脱脂します。カワダのシャカシャカ君な

どが便利です。

Img_3457_1600

画像は、TB04用ですが、デフグリスはボールの穴にボール1個分程度の量+プレート当た

り面にも塗り伸ばすのが店長流です。

このグリスは「滑りを止める」グリスであって、摺動させる為のグリスではありませんので、

グリスなら何でも良いわけではありません。

また、グリスはボール用、スラスト用共に、TRFやヨコモの高級バージョン、X-GEAR製など

を使う事が一味も、二味も違うデフを作るポイントですよ!!

Img_3458_1600

ボールを並べてからボールの上に、元々乗っかっていたデフグリスを軽く塗り伸ばします。

Img_3462_1600

反対側のハウジング、スプリング、ナットを入れ、ハウジング同士がひっつく程度に軽く締めこみます。

ここで入れるデフスプリングですが、私は理由があってペンチで潰すことをしません。

Img_3463_1600

ここから更に重要です。

完成したボールデフをバルクに収めて、デフスクリューの頭と反対側のドライブシャフト、

アッパーアームを組んでしまい、タイヤも付けます。そしてスパーギヤが見える状態に

して、付けたタイヤとスパーギヤを片手で押さえ、スクリューをまず1回転締めこみます。

そのあと、レンチ側のドライブシャフト、タイヤも付け、左手はこの状態で押さえたまま、

画像で言う右後輪を回した時に左右のタイヤに滑りが出ないところまでこの作業を何度か

繰り返します。この時に締めていく量は時計で言う10分程度ずつ締めたら滑りを確認する

ちょっと邪魔臭い作業になりますが、特にローパワーで軽く滑らないデフを作るためです。

ハイエンドからエントリーモデルまで数多くのボールデフを組んで来ましたが、

ゴリゴリになり、プレートとボールを交換するころまで、ほぼ滑らないというようなデフも

結果出来ています。

使用後のオーバーホール時期も、ゴリゴリ感を感じたら、ボールとプレートは必須で、

2回に一回、スラストも交換すれば良い走りが定量化できますね。

さぁ、思い立ったらボールデフ分解にチャレンジです!ぜひお試しください。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »