フォト

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 月例レース第9戦 | トップページ | 秋晴れ!! »

2016年9月29日 (木)

ヨコモ BD8 各キット初回ロット予約開始!

こんにちは!店長です。
先だってのIFMAR ISTC世界戦でV2を飾った、ヨコモの新型ツーリングカー、
「BD8」の詳細、価格が発表になりましたね!
最後に当店の販売価格と特典を発表しますので、最後までご覧くださいね!
まずは、BD8の詳細を見て行きましょう。

Mrtc_bd8_image01_1600

BD8最大の特徴は駆動系の一新です。

特にフロントベルトのセンター化は、スロットルONでの左右の癖が無く、最適化されたと言えます。

なお、バルクヘッド、ダンパーステー、ショートショックⅡ、サスアーム、ステアリンクなど

は、BD7-2016と共通パーツとなっています。

Mrtc_bd8_image02_1600

更にセンターに寄せられた、新型モーターマウントは、フレックスも最適です。

非対称アッパーデッキは、特異な形ですが、癖も無いようです。

Mrtc_bd8_image03_1600

進化した新型アルミサーボマウントは不意のクラッシュでもずれにくい構造ですね。

Mrtc_bd8_image12_1600

オプションのアルミベルトテンショナーはスペーサー付き?

厚みの薄いハイトラクションアッパーデッキにも対応する為だと推察できます。

アッパーデッキにも「ここに付けてください」的なデザインですので、必須アイテムかと。

Mrtc_bd8_image06_1600

これも最近のトレンドで、ブッシュ式サスマウントを採用して来ましたね。

PRO SPEEDのトレンド、フロントサスピン幅44.2mmはキット付属で設定可能です。

ショートサスアーム仕様で使用するMAX49.4mm設定にする場合は、オプションのアルミサスブロックが必要になります。

また、0.5mm厚のサスブロックスペーサーが付いてるのは、サスブロックでのサスピン高が

BD7に比べ0.5mm低く設定されてるのだと思います。

 

Sat_wincar7_1600

ヨコモRTC(リアトーコントロール)システムキットはオプション設定。

画像はRed-RCで掲載されたプロトタイプです。

定価¥4600という事から、リアCハブは、0度の樹脂製かと思われますが、

サスストロークに対し、トーロッドの高さを調整して、リアトー角の変化量が変わります。

今回、ヨコモさんからもアローマックス製アライメントシステムを紹介されていますが、

リアトーシステム装着車のアライメント(特にトー角、キャンバー角の初期設定)時に

キャンバーとトーの同時調整が必須となる為に推奨されています。

実車では当たり前のマルチリンクなんですが、挑戦してみる価値は大ありですよ。

 

Mrtc_bd8_image08_1600

そして、BD7-2016をお持ちのユーザーさんにはBD8へのコンバージョンキットも

リリースされました。

しかも!PRO SPEEDのエキスパートクラスユーザーには嬉しい、フルキット、コンバージョン

共に、カーボンorアルミメインシャーシが選んでいただけます!!

Mrtc_bd8_preimage03_1600

さて、気になる価格と初回分予約特典ですが・・・

☆ ヨコモ BD8 フルキット(カーボン)¥56,780-(税別)(アルミ)¥58,650-(税別)

   コンバージョンキット(カーボン)¥29,580-(税別)(アルミ)¥31,450-(税別)

これに、フルキットには、お支払いポイント+1日走行券を別途1枚サービス!

コンバージョンキットには、お支払いポイント+SOREX1台分(プリマウントは810円UP)

のおまけつきです!例えばフルキットですと、最大、走行券が3枚付く計算ですので、

実質キット価格から更に7500円もお得に!!ということは・・・・・(笑)

走行されるお客さまにとっては、そうとうお得になると思います!

そして、今回、「支払いは、クレジットで」とお考えのお客様にも、各種クレジットカードが

使えるお得なプランもご用意しておりますので、お気軽に店長までお尋ねくださいね!

例年通り、キットの初回受注は、分納になる場合がありますので、

ご検討中の方は、ぜひぜひお早めに当店でご予約くださいませ!!

皆様のご予約を心よりお待ちしております!

« 月例レース第9戦 | トップページ | 秋晴れ!! »