フォト

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月16日 (金)

新製品&入荷情報!&M07テスト走行

こんにちは!店長です。
梅雨はどこいった?ってお天気ですが、早くも外は30度以上で暑すぎです。ほんと異常気象ですね。
ところが、店内はエアコンが効きすぎくらいで少し緩めてちょうどいいくらいです。
とにかく快適ですので、ぜひこの週末も遊びに来てくださいね!!
さて、今日は、新製品の入荷や発表がありましたので、ご紹介して行きたいと思います。
また、最後にタミヤM07の現状もご紹介したいと思いますので、最後までお付き合い下さいね!
さぁ、店頭の方では、先週ドリフトイベントがあったので、本日より月例レース第6戦当日までロングランで毎度おなじみの「レース直前!母ちゃんタイヤセール」を開催しております。
レースに参加の方は勿論、通常走行の方も是非この機会にお買い求めくださいませ!
それでは続いて本日の入荷商品の、こちらから!!

Img_4524_1600

まずは、Much-Moreさんから新製品の「LED PIT LIGHT PRO」が入荷しました!これ、僕も買い替えたいくらいです。店頭売価は税込み¥6740!とクオリティの割に安いですね~!その他小物と、X-GEARさんからモーター磁力計も入荷しました!

19030557_1217416105036447_598901818

RC-MISSIONさんからは、ビッグレースでもテストを重ねた「ハイパフォーマンスウイング」が入荷しました、ハイトラクションと、ハイダウンフォースの2種で、それぞれにレギュラーダウンフォースとハイダウンフォースの2種類が各1個入っています。それもなんとカット済み!!ボディの形状違いはみなさん興味があられることだと思いますが、正美さんのボディを用意する時も、ウイングの形状と取り付け位置、高さ、翼端板の有無は、想像以上に激変するので色々と変化させています。ボディの弱点をも変えたりしますので、ぜひ試して頂きたい重要パーツです。

19145871_1513920588655637_197530208

そんな母ちゃんペイントの正美ボディが表紙の「広阪正美のRCカー勝利への方程式」が発表になっています。来週金曜日の発売です!

Img_4525_1600

そして、そのヨコモさんからは、先だっての香港チャリティレースでも好結果だった、BD8の最新キットが発売になります!今年の全日本スポマを見据えたキットは、17.5Tフルブーに照準を合わせた仕様で、プーリーが40Tに戻り、バルクヘッドスペーサーで1mmかさ上げ。ダンパーステーも専用品での登場です。

そして、その仕様に変更するコンバージョンも登場!

Img_4526_1600

駆動系とダンパーステー、バルクヘッドスペーサーのセットですね。また、クロスバルクも専用品の為、使用する方は別途お求めとなります。試行錯誤を重ねたBD7~8ですが、これが集大成となりそうですので、一線を越えたい方は要注目ですよ!!

さて、このほかにも無限さんのNEWツーリングカーの詳細が明るみなってきたり、ピニオンギヤをリリースしたばかりのAXONさんも足に関するパーツ?を「なんかやってます」ね(笑)っていうのを、芸能レポーターばりの店長はつかんでおります!

いろいろと楽しみが出てきましたが、詳細発表を待ちましょう。

続いては、M-07のメカ積が完了し、軽くテスト走行まで至りました!

Img_4528_1600

なんとメカはKO PROPOさんの最新仕様?そうです、KOユーザーである母ちゃんに奪われました(笑)プロポも最新のEX-RRのショートアンテナ受信機です。

タイヤはM05で良かった、F/Mグリップ、R/Sグリップでコースイン。すでに各所での走行映像が流れてますが、その通りめちゃよく走る印象です。それに、VFS FR2と付属品の影響か「速い!」。ビギナーさんには運転しやすい好印象だとは思いますが、ここからはPRO SPEED流に、それにEX-RRの操縦フィーリングにビックリです!正直に「なんだこのやりやすさは?」という好印象でおまけに「軽い!」ことに驚きでした。ここからは、上級者も含めて満足できる仕様を目指して詰めたいと思いますが、しかし、母ちゃんのマシン?ですから、女性でも運転しやすい楽しいマシンにしないとですね。こちらの進行は、逐一お伝えして行きたいと思いますので、注目していてくださいね。

ではでは、この週末も店頭でお待ちしておりますので、ぜひ遊びにいらしてください!!

2017年6月13日 (火)

良く走るM07を組み立てよう!Part4

こんばんは!店長です。
なかなかシェイクダウンまで至らないM07ですが、パワーソースがほぼ完了しました。

Img_4521_1600

タミチャレ規定に基づき、タミヤ1600SP+ライトチューンモーター+KO VFS FR2に決定!

ESCには、KO製アルティメイトブースターとアルティメイトコンデンサー35Vを装着します。

アルティメイトブースターでトップエンドの伸びと35Vキャパシターで立ちのグッと出るパンチを補うという役割があります。また、アルティメイトブースターはモーターの+-にはんだ付けするのですが、今回はバック付きアンプで、バックをキャンセルせずに設定したため、モーターのマイナスとアンプのバッテリープラスに繋げます。知らずにモーターに付けて、バックに入れると破裂しますので要注意!

Img_4522_1600

仮に乗せてみると、メカスペースが意外に狭いです。

そこで、コンデンサーの足に20Gシリコンコードを使用して延長。ブースターはそのままの配線で届きました。

Img_4523_1600

横から見ての図。まずまずの収まりで、シンプルに配線できましたかね?(スイッチの配線とモーターコネクターは加工していますので、製品とは長さ、色が異なります)

ESCは悩みましたが、ブラシモーター用のESCが少なくなった昨今ですので、あまり選ぶことが出来ませんが、当時もVFS-1シリーズで一線を風靡したKO製ですので悪い印象がありません。また、別売ですが、VFSマネージャを使用してのドライブ周波数その他セッティング変更できるのも魅力ですし、今どきのアンプらしく、リチウムバッテリー用の電圧カット機能が備わってますので、過放電する心配も無いのが特徴です。

あともう一歩でシェイクダウン!PRO SPEEDのデモカーらしい走りを期待して頑張ってみます。・・・母ちゃん、ボディ塗ってくれへんやろなぁ(笑)

ドリフトフェスティバル ラウンド2

こんにちは!店長です。
先だっての日曜は、ドリフトフェスティバル・ラウンド2にご参加頂いた方々、また、グリップ走行やお買い物にお越しになったお客様と、ご来店ありがとうございました!
ドリフェスの方も、33名の選手の皆さんで盛り上げていただきました。また、今回も遠方からのご参加を頂けたのも有り難い限りです。
さて、今回も集合写真と開会式から始まります。

Img_4491_1600

そして、今回もオーガナイザーを務めて頂いた、ようへい氏の競技説明にみなさん真剣かつ和やかな雰囲気でした。

Img_4492_1600

さてさて続いては各自練習走行開始です。

Img_4499_1600

Img_4512_1600

そして、練習走行からのち、各グループでの単走審査をへて、トーナメント形式で、BEST16が選出されました。

Img_4520_1600_2

ここからは二人一組の追走審査開始!さすがベスト16の走りが繰り広げられます。

Img_4511_1600

単走審査が全車終了し、ラウンド2の得点合計を集計!

Img_4517_1600

優勝:BOSS選手 2位:○走選手 3位:da1suke選手となりました!

Img_4514_1600

トップ3 おめでとうございます!次回の最終戦も頑張ってくださいね!

Img_4513_1600_2

最後は、御協賛頂いたヨコモ様、テールスライダー様始め、超豪華な景品が当たる抽選会で幕を閉じました。

さて、次は、最終戦です。今年度のグランドチャンピオン目指して頑張ってくださいね!最終戦の詳細は決定次第次第、このブログでご報告しますので、楽しみにお待ちください!今回も本当にありがとうございました。また、今大会にご協力頂いた方々にも御礼申し上げます。

2017年6月10日 (土)

入荷情報&M07 Part.3

こんばんは!店長です。
いよいよ明日は、ドリフトフェスティバルラウンド2開催です!
ご参加の選手の方々よろしくお願いします。
そのドリフェス参加の方に少しお詫びがあります。
お昼の炊き出しを予定しておりましたが、母ちゃんの体調不良により、やむなく炊き出しのみ中止とさせて頂きたいと思います。
前回も美味いと楽しみにされていた方には大変恐縮ですが、身を案じての事ですので、ご理解くださいませ。
さて、その練習の方も朝から沢山の方々で賑わっております!さぁ、ゴルゴさんの2連覇はあるのか?新たな優勝者は現れるのか?楽しみですね!
また、グリップ走行も通常通り走行できますので、ぜひご来店お待ちしております。
さて、今日は店頭の方にも新製品含め入荷があっておりますので、ピックアップしてご紹介したいと思います!まずはこちら!

Img_4479_1600

まずはヨコモさんから今大人気の2駆ドリフトシャーシキット「YD-2シリーズ」が一挙入荷しております!ぜひこの機会にご購入検討下さい!その他、BD8用パーツや半島品も同時入荷しておりますよ!

Img_4476_1600

パワーソースの方も、ヨコモ新製品6000LCGが初入荷!ショートリポも2種入りました!そして、パワー的にも評判の高いD-1シリーズモーターも10.5Tと13.5Tの人気どころが!

またまたマッチモアからも、強烈なパワーと5分間タレルことのない6000LCGが再入荷しました。

Img_4481_1600

いよいよ発売になったのはAXON製64Pピニオンギヤが初入荷です!こだわりのピニオンギヤですので、ぜひスパーギヤとセットでお使いください!ビックリしますよ!

Img_4477_1600

タミヤさんの新製品はミニ四駆「トライゲイルジャパンカップ2017」!

 

Img_4480_1600

そのジャパンカップエディション限定モーターは争奪戦です!片軸、両軸どちらもお早めにゲットしてください!

Img_4478_1600

プラモもバンダイからガンプラHGシリーズ205番「GUNDAM AN-01 TORISTAN」が初入荷!

同じくバンダイから、マクロスシリーズの「VF-31J改ジークフリードデカルチャーVer!

と、RC部門も、プラモ部門も色々と入荷しておりますので、お買い物もぜひお待ちしております!

それでは、タミヤM-07の製作記第3弾をお届けします!

Img_4472_1600

さて、前回までで足回りが完成し、ダンパーへと移ります。

Img_4473_1600

ダンパーにはいきなりですが、ショートケースで大容量なものを投入したかったので、Mシャーシ用ビッグボアダンパーセットを採用します。

Img_4483_1600

但し、ショートタイプを使用する場合、全長を59mm程度まで設定する必要があります。その場合、ショックシャフトをOP850などのロングタイプシャフトを使用するか、付属のロングタイプダンパーエンドを使用するかの選択が必要になります。また、スプリングはショートタイプではなく、ロングタイプの小径を使用します。TRF大径スプリングはプラパーツに干渉してダンパー角に制限が付いてしまうので使用しません。

Img_4482_1600

さてそのダンパー。シャフトにピストンを取り付ける際に内径3mm厚み0.1mmのシムを一枚挟むとピストンのガタが無くなり、動きにタイムラグが出ません。

Img_4484_1600

ピストンは付属の3穴。でオイルはF/300、R/350を使用しました。組み方は基本引きで組みますが、今回は、動き出しに反発を狙ってプレッシャースポンジを入れました。ここはセッティングを詰める際にハイサイドするようですと無しになるかも知れないパーツです。

Img_4485_1600

ダンパーが付いてかなり完成形です。リテーナーは付属のダウンタイプでアルミ製の黒。

Img_4474_1600

なんとこのMシャーシ用ビッグボアダンパーセットを買うと、M07キット付属の標準スプリングと合わせて、3種の小径ブラックスプリングが揃うんです!それも欲しいミディアム(イエロー)が一台分も含め全部で8本!ほとんどのセットがこれで完成すると思います。

Img_4488_1600

六角ハブもアルミ製5mmタイプを使いました。理由は誰もが知るところですね。また、リアアクスルにOP1183強化フリーホイールアクスルを使用し、対クラッシュ性を引き上げます。

Img_4487_1600

リア周りはこんなレイアウトです。ダンパー角調整は2か所ですが、のちに発売となるカーボンダンパーステーを使用すると4か所に増えるので是非とも欲しいところです。

Img_4486_1600

サーボはサンワSDX801.サンワさんもMシャーシにイチオシのモデルです。ロープロタイプをべた付け出来ますので、重心が低い限界でバッチリ!

 

Img_4489_1600

モーターとESC、受信機を残して展示できるレベルまで完成しました。良く走りそうなオーラがありますねぇ!パワーソースはNi-Cd1600SPとライトチューンモーター搭載予定です。

この後は、モーターの慣らしなどのパワーソースの準備もご紹介したいと思います。

まずは本日より店頭にて展示しておりますので、店頭でチェックしてくださいね!

ではこの後もお楽しみに!

2017年6月 8日 (木)

良く走るM-07を組み立てよう!Part2

こんばんわ!店長です。
接客しながらボチボチと組み立てているM-07ですが、今日は第2弾としてご紹介したいと思います。
では、早速!

Img_4463_1600

さて、今回で足回りを作っていきます。

付属のユニバーサルはCクリップタイプ!通常はこれもオプション扱いなのですが、このキットは標準装備されていますね!これは後程出るWカルダンジョイントにすると、特に大きな打角を切ってもタイヤがブレることなく、スムーズなコーナリングになるので、タイムを狙いたい方には必須になると思います。しかし、まずはこれでも十分ですが、Cクリップの向きを画像を見て、奥が右用手前が左用とします。これは遠心力でクリップが万が一外れにくいようにするためです。

Img_4464_1600

フロントナックルは左右同じものです。1050ベアリングの外側はわずかに飛び出ますが、これで合ってます。

Img_4465_1600

Cハブはサスピンを止めるイモねじの穴がサスピン穴まで貫通していません。ドリルで貫通させて、ついでにサスピン穴もさらって置きましょう。この加工無しでは、イモねじでサスピンが止まらないばかりか、サスピンが抜けなくなってしまいます。

Img_4466_1600

キングピンは特に難しい所は無く、スムーズに組めるはずです。しかし、この後のリアサスアームでご紹介する加工をすると、更に良く動く足になります。

Img_4468_1600

それがこちら!サスアームとアップライトとの勘合部をヤスリで削ります。ただし、加減が重要で、削り過ぎずにスッと合わさる程度に削ってください。本来なら削らなくてもいい精度で有ればいいのですが、何分、コスト的なものと、きつめに作ることで簡単な加工をすればより良い組み立てが出来るので、妥協的な部分かも知れません。しかし、緩い、ガタがあってシムで詰めなきゃならんよりは100倍良いと思います。

さて、今日は少しですが、ここまでです。

次回は、得意なダンパーの作り方を含めてご紹介します!

 

2017年6月 6日 (火)

良く走るM-07を組み立てよう!Part1

こんばんは!店長です。
本日入荷しました新製品のタミヤM-07!
これからやってみたい!と言う方に参考になるように、良く走ってくれ、ライバルに差をつけるマシン作りを紹介して行きたいと思います。
では、早速行ってみましょう。

Img_4458_1600

ロアデッキは、一瞬TA07を連想させる形状です。TA07がデビューした時に疑問に感じた形状ですが、上手く応力を分散しているので、柔らかさでは想像付かない良い走りをする設計だと思います。

Img_4459_1600

特筆する項目の無い部分は割愛しながら進めますが、ギヤデフはTA06用と同じ物。

勿論、TA06リアギヤデフ用パーツが使えますが、今回はクロスシャフトのみアルミ製を投入しました。べベルもと思ったのですが、強度的トラブルを探る為に、ギヤの歯に関するパーツはノーマルを使います。このべベルギヤの大、小をランナーから切り出す際は歯の裏面にあるバリを完全に取ることが重要です。

また、小べベルをクロスシャフトに差し込んだ際に、軽く回るかもチェックしてください。組み付けには、赤いTRF製Oリング、デフジョイントカップ、デフガスケットの裏表にTRF製ギヤデフグリスを使用しますと、スムーズな潤滑とオイル漏れに効果絶大です。そして、失敗される方の多い、2×8mm皿タッピングビスの締め込みですが、1.5mmHEXレンチをしっかりと押さえながら、ギュッと締めるのではなく、4本をトンと閉まる程度にかつ均等に締めることを心がけましょう。締め過ぎはオイルの漏れを誘発する原因にしかなりません。ギヤデフについては、ノーマルの耐久性を確認した後にオプションパーツを使いながら超スムーズな駆動系にチャレンジしてあらためてご紹介します。

この後は、スパーギヤ取り付けや、デフをロアデッキに取り付けてからK8パーツをつけてギヤ周りが完成しますが、特に何も考えずにベアリングを脱脂し、オイルを差してから組み込みました。

Img_4460_1600

次はフロントサスアームに入ります。

サスピンは3mm径です。かなり精度は良いのですが、多少引っ掛かりが見られますので、TRF製その他から発売されている3mmアームリーマーを使用してスルスルのサスピンを目指します。Img_4461_1600

そして、サスアームをマウントするB1パーツにもサスピンが通る訳ですが、この穴もリーマーを通した方が、抜群にスルスルになりました。どんなマシンであれ、サスピンがスルスルなのは、後で走りやセッティングを大きく左右する基本なので、慎重に見極めて下さい。

 

Img_4462_1600

スムーズな駆動系とフロントサスが完成!もちろんリアも超重要ですが、今日はここまで!この後も随時進めて行きますのでお楽しみに!

新刊特集本&タミヤM07

こんにちは!店長です。
さて、今週末11日は、ドリフトフェスティバルのラウンド2を開催です!
4WDのみに絞っていますが、前回に引き続き第2弾です。
お気軽にご参加くださいね!
また、当日はグリップコースは通常通りご利用いただけますので、グリップ走行のお客様もぜひ走行にお越しください!
 
さて、先週末は、香港でチャリティレースが開催され、日本からもTeamヨコモの広阪、山内両選手が参加されました。

18839238_1361484580626127_634490237

レースの方は、アソシのデビッド・ジュン選手や中国の有力選手が多数参加され大盛況だったようです。

18814508_1263815513738053_318030002

今回も、おなじみの母ちゃんボディを提供させて頂きました。 速そうに見えるボディを心がけてるとは、母ちゃんの弁です。

予選から毎ヒート終わるたびに正美さんからラップチャートがメールで送られてきましたが、「RCバイクやバギーも走るのでグリップが上がりません」とメールにありつつも、コントロール、予選、決勝各ラウンドすべてをトップゴールするパーフェクトウインでした!引退した人の走りとは思えないですね。母ちゃん曰く「母ちゃんボディ使うとタイムがみんな上がるねん♡」らしいです(笑)

そんな世界的に未だ破られていないワールドタイトル数を誇る、RCドライバーとしてレジェンドの異名を持つ広阪正美選手の特集本がRC-WORLDでおなじみの枻出版さんから、6月23日発刊「広阪正美のRCカー勝利への方程式」のタイトルで発売されます!

Img_0216_1600

■脱初級を目指すマシンコントロールメソッド■中級の壁を超えるプラクティス

■「強くなるメンタル論」■タイヤ選びの勘どころ■正美のセッティングアドバイス

■歴代マシンをフルコンプリート解説などなど・・・¥1620+税

広阪選手に憧れた世代の方から、知らない世代の方まで、RC業界の発展と認知に貢献したレジェンドの理論を知って頂きたい一冊となっています。

表紙も母ちゃんペイントのヨコモさん扱い「モンテックIS200」が掲載予定。当店でも入荷しますので、ぜひお買い求め下さい。

さて話は変わりまして、

今日は、タミヤさんから発売に先駆けての新製品!M-07コンセプトシャーシキットのサンプルが届きました。

Img_0218_1600

化粧箱ではないので、飾り気はないですが、中身はキットそのままですね。

とうぜん、組み立てとTIPS、オプションパーツ装着等記事にしながらデモカー製作していきますので、実物も見に来て下さいね!ご予約の方も、ごく僅かですが空きがありますので、購入検討中のお客様もよろしくお願いいたします。

2017年6月 4日 (日)

来週のグリップコースについて

こんばんは(*^-^)
母ちゃんです(o^-^o)
今日もあっついですね(;ω;)
さてさて、閉店間際なので要点だけ・・・
来週はドリフェス第二弾!!
なのですが、グリップコースについてお問い合わせがありましたので、
ご案内いたします。
一部の方にはクローズとお伝えしてしまいましたが、
ピットの空き状況から、コースオープンできそうですので、
6月11日(日)は通常通り、グリップコース終日オープンとさせて頂きます。
曖昧になってしまい、大変ご迷惑おかけいたしましたが、最終決定
とさせて頂きますので、当日も多数様のご来店心よりお待ちいたしております。
そして、先日発表致しました、夏季の炊き出しですが、
残念に思ってくださっているお声を頂きましたので、
前日に仕込みをしなくても大丈夫な軽食を考えてみたいと思います(*^-^)
お味噌汁とおにぎりだったり、当日にサッと出来るメニューを考えます(≧∇≦)
こんなに楽しみにして下さってたと思うと、感激(≧m≦)です!!
あんらま( ̄▽ ̄)こんな時間・・・
ではでは母ちゃんでした( ̄ー+ ̄)

« 2017年5月 | トップページ