フォト

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 良く走るM-07を組み立てよう!Part1 | トップページ | 入荷情報&M07 Part.3 »

2017年6月 8日 (木)

良く走るM-07を組み立てよう!Part2

こんばんわ!店長です。
接客しながらボチボチと組み立てているM-07ですが、今日は第2弾としてご紹介したいと思います。
では、早速!

Img_4463_1600

さて、今回で足回りを作っていきます。

付属のユニバーサルはCクリップタイプ!通常はこれもオプション扱いなのですが、このキットは標準装備されていますね!これは後程出るWカルダンジョイントにすると、特に大きな打角を切ってもタイヤがブレることなく、スムーズなコーナリングになるので、タイムを狙いたい方には必須になると思います。しかし、まずはこれでも十分ですが、Cクリップの向きを画像を見て、奥が右用手前が左用とします。これは遠心力でクリップが万が一外れにくいようにするためです。

Img_4464_1600

フロントナックルは左右同じものです。1050ベアリングの外側はわずかに飛び出ますが、これで合ってます。

Img_4465_1600

Cハブはサスピンを止めるイモねじの穴がサスピン穴まで貫通していません。ドリルで貫通させて、ついでにサスピン穴もさらって置きましょう。この加工無しでは、イモねじでサスピンが止まらないばかりか、サスピンが抜けなくなってしまいます。

Img_4466_1600

キングピンは特に難しい所は無く、スムーズに組めるはずです。しかし、この後のリアサスアームでご紹介する加工をすると、更に良く動く足になります。

Img_4468_1600

それがこちら!サスアームとアップライトとの勘合部をヤスリで削ります。ただし、加減が重要で、削り過ぎずにスッと合わさる程度に削ってください。本来なら削らなくてもいい精度で有ればいいのですが、何分、コスト的なものと、きつめに作ることで簡単な加工をすればより良い組み立てが出来るので、妥協的な部分かも知れません。しかし、緩い、ガタがあってシムで詰めなきゃならんよりは100倍良いと思います。

さて、今日は少しですが、ここまでです。

次回は、得意なダンパーの作り方を含めてご紹介します!

 

« 良く走るM-07を組み立てよう!Part1 | トップページ | 入荷情報&M07 Part.3 »