フォト

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 入荷情報 | トップページ | 新製品予約受付&入荷情報 »

2017年8月 7日 (月)

AXON新製品情報&スタビインプレ!

こんにちは!店長です。
台風の進路がこっちへ向いてますが、皆さん注意してくださいね。近畿は夜にかけてがピークでしょうか?
そんな中ですが、今日も走行に来て頂いております!
 
さて、今日は当店でも人気のAXON製品について詳しくご紹介するネタを!
では本題に移る前にAXON製品の本日解禁最新ネタからご案内します。

20731192_1208221395948586_196566206

AXON「MATTE ALU SCREW」
なんと、アルマイト加工無しのアルミビスが登場です。
「なんや、ビスかぁ」と言う声が聞こえてきそうですが、ただのアルミビスなら今更出さないと思います。アルマイトしていないことには締め付けトルクに関わるシビアな発想があり、従来のジュラビスとは違うシャーシフレックス(たわみ)を感じれるとのこと。特にアッパーデッキの締め付けには、スチール、チタン、アルミと変化させ、それもそのそれぞれでメーカー等を変化させることで同じ物でもフレックスは変わります。それだけにアルミと言えど非常に興味がありますね。私の予想では、アルミとチタンの中間的フレックスなのかと思います。
特に最近のマシンはフレックスに敏感ですので、試してみる価値はありそうですよ。

20668445_1208221399281919_161249743

2つ目は「CORE BALL DIFF GREASE MV」従来品の粘度違いが登場です。AXONデフグリスは店長もお気に入りで、デモカーでもテストしてますが、なんと!!発売時にいきなり投入したタミヤTA07のボールデフが、未だ一度もオーバーホールせず、滑りが出ている訳でもゴリゴリになってる訳でもないので、バラすタイミングが分からず(笑) ただ、走行時のスリップロス的にデフスプリングを弱めに調整しても、今回のこの粘度ならスリップもせずに軽いデフが出来るのです。もちろん、1/12やF-1などのボールデフにもお勧めの逸品です。

そして、ヨコモBD8用の「ギヤデフアウターOリング」も登場です。BD8や7のギヤデフドライブカップ用Oリング(外側に付く細いやつ)に装着するOリングに使用し、よりスムーズで軽く、かつオイル漏れのしにくいバージョンと考えて下さい。硬さもソフトとミディアムの2種あり、夏場はミディアム、冬場はソフトと使い分けるのが良いと思います。

さて、先だって発売になったAXONアンチロールバー(スタビワイヤー)各種ですが、早速PRO SPEEDでもテストしました。テストドライバーは、AXONドライバーでもあるこの選手が担当。

Img_4634_1600

プロドライバー「 嶋崎 真弥 選手」!

香港のKM RACING契約で、1/8GPレーシング世界戦ドライバーですが、電動ツーリングもさすがの腕前で、使用マシンは、タミヤTRF419X。Img_4632_1600

見た目は特に変わらないので地味なパーツですが、走行しての意見が「タイヤの鳴きがしない(大きく静かになった)」コーナリング進入→出るまでのラインが、修正舵を当てなくても一発で決まる」切り返しのレスポンスが抜群に良くなった。この3つが特に印象になったとのこと。

※上手く動画再生できない場合はこちらから検索してください。

https://youtu.be/fwCTHL2-PAk

コース脇の店長目線では、ロール量が一定で安定している。直進安定性が良くなった(より真っすぐ安定した直線になっている)ことが確認出来ました。

Img_4631_1600

リア周りはこんな感じ。タミヤ用のほか、BD8、X-RAY用の3種。

また、インフィニティIF14や、ARC R11にも使用できますので、指定外車種の方はご相談ください。

この後、PROSPEEDでも待ってました!的な製品がリリースされるかも!?

出ました!だけでなく、それを使ってどうなのか?を知って頂くのが大事ですが、こう言う地味な機能パーツこそ「どうなのか?」を知って頂きたいですね。ご興味のあるお客様は是非お試し下さいね!

« 入荷情報 | トップページ | 新製品予約受付&入荷情報 »