フォト

カテゴリー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

2017年ラスト!

皆様こんにちは。
母ちゃんです。
2017年も本日が最終日となりました。
今年一年は体調も思うように優れなくて、お店になかなか来れない
日もありましたが、
そんな中でも、お会いするたびに私の体調を気遣ってくださる方ばかりで、
本当にありがたく、心から感謝しております。
今年は私自身、本厄の年でもあり、計画通りに事が運ばず、
いらだちもありましたが、本日無事、9周年目を終えることが出来ました。
これは何でもなく、不甲斐ない私共に温かいご支援をくださいました皆様方のお陰です。
感謝してもしきれないほどの、ご指導・ご支援くださいましたこと、
スタッフ一同心より感謝いたしております。
「一年の計は元旦にあり」との言葉の通り、
来年2018年は今年できなかった課題を、一つでも達成できるように、
また、新たに自身に課題を課し皆様にとってより良い環境を
ご提供できますように日々精進してまいりたいと思います。
PROSPEEDに来てよかったと、思って頂けるように。
それでは最後になりましたが、今年一年ご支援・ご指導くださいました、
全てのお客様、各メーカー様、今年も一年ありがとうございました。
来年も引き続き当店スタッフと当店を、よろしくお願い致します。
それでは皆様よいお年をお迎えください。

年内最終営業

こんにちは!店長です。

本日大晦日、年内最終営業日で、20:00でクローズとなります。

今日も、走行に、お買い物にとお越し頂いておりますが、終了までお楽しみください。

さて、昨日は多くの方が走行にお越し頂き、エキスパートクラスの方々の間で、新製品のAXONダイナミックレーシングホイールを試されていました。

Img_0379_1600_3
かなり多めに入れて頂いたにも関わらず、昨日で初回ロットは完売となりました。

感触的には良好で、どんな路面状況でもカバーできるとまでは言いませんが、低い路面ながらもトップクラスは33周に入ってましたので、これに合わせたシャーシセットを詰めれば先があるといった感じですので、期待も大きいと思われます。

また、AXON光貞氏からも、当店でも大人気だったホイールから実に10%も軽量化を実現していること、ダイナミックバランスについても他に類を見ないほど詰めている事をアピールされており、実車で言う、軽量ホイールに変えた時の運動レスポンスは確実に出るとの弁。実車でアルミホイールを10%も軽くすると、車のハンドリングは別物に変わりますので、当然、RCでも顕著に表れるはずです。ここらも意識して頂いて、セットアップしてみて下さい。

最後に今年もご支援頂いたお客様始め、仕入れ先様、業界関係者の皆様!本当にありがとうございました。

新年は、2日10:00より営業となりますが、来年は創業10周年を迎えさせて頂きます。これもひとえに皆様のお陰と感謝しております。

21日には超豪華ゲストをお招きしての記念イベントも控えております。ぜひ楽しんで頂ければと思っておりますので、来年もよろしくお願い致します!

そして皆様にとっても幸福がありますように!良い年をお迎えください。

2017年12月29日 (金)

入荷情報!

こんにちは!店長です。

今日あたりからお休みに入られた方も見受けられるようになりましたが、今日が納会という方が多いのではないでしょうか?

いよいよ現実味を帯びてきた10周年記念イベントの記念レースの方ですが、今日現在で残り1席となり、60名以上、各クラスエントリー総数100エントリー近くになっております。かなり盛り上がりそうですが、終了時刻もそれなりになってしまう事が予想出来ますので、滞在時間のご予定をお願いします。

話は変わりまして、昨夜、母ちゃんブログがありましたが、AXONダイナミックレーシングディッシュホイールが入荷しております!

Img_4931_1600
SOREXとも抜群の相性を示すホイールに仕上がっています。実は昨夜、ラジコン天国名古屋店へお邪魔する機会がありまして、ワークスドライバーが使い比べていましたので、どう?と聞いて来ました。現在中心のヨコモ製ホイール2種比較ですが、480円ホイールと280円ホイールの中間的な特性と言える感じです。路面によってホイールも使い分けることで、より状況に合わせることも出来ますね。

ここのところの寒波で、路面温度が低くグリップが上がりませんので、とくにちょうどいいかな?と思います。年内は正月明けまで初回入荷分のみとなりますのでご了承ください。

続いてプラモの新製品!

Img_4930_1600
アオシマモデルカーシリーズ63「トヨタマークⅡ GX81」

大ヒットしてどこでも見かける車でした。箱の中には、当時のトップグレード「グランデG(スーパーチャージャー)と、GTツインターボ、グランデと3種が作れる内容になっています。

この他。カーモデルがお好きな方にも多数在庫がございますよ!

年内もあと二日!皆様のお越しをお待ちしております。

2017年12月28日 (木)

新製品です!!

こんばんはo(*^▽^*)o
母ちゃんです(o^-^o)
営業時間ギリギリなので、要点だけm(_ _)m
お待たせいたしました!!
AXONさんの待望のホイールが大量入荷いたしました(*^-^)
通常価格650円ですか、初回入荷分限定50個に限り、
なんと!!!!600円でのご提供となります!!( ̄▽ ̄)
皆様お待ちかねの商品ですので、お早めにお買い求めください!!
年内ず~っと母ちゃん居ますので、ふらっとだべりにも来てくださいね(*^-^)
あか~ん、閉店作業しないと・・・・・( ̄○ ̄;)!
ではでは、本日も多数様のご来店、誠にありがとうございました!!
明日からも多数様のご来店、心よりお待ちいたしておりますm(_ _)m
以上母ちゃんでしたo(_ _)oペコッ

2017年12月27日 (水)

入荷情報!

こんにちは!店長です。

いよいよ年末ギリになりました、模型業界は明日が年内ラストで5日から稼働し始めるところが多いようです。

PRO SPEEDもと言いたいところですが、毎年のように元日のみお休みです(泣)

さて店頭の方にも商品が続々と入荷しておりますが、昨日、今日で入荷した商品をご紹介したいと思います。

と、その前に、ヨコモ海野氏が上げられてたワンポイントTipsをご紹介したいと思います。26055811_1622734494478413_322118849簡単な事なのですが、なるほどねと思った、スタビに関する取り付けTipsです。スタビワイヤーの支点は、イモねじで微妙な調整をしている部分ですが、昨今、この部分がベアリング支持になったマシンも登場し、再認識している部分です。今回上げられたTipsは、従来のスタビホルダーにイモネジをねじ込む前に、3/32インチサイズのデフボールを入れ、イモねじでボールを固定というより落ちないようにするイメージ。スタビワイヤーはガタが無い程度にスルスル動かないといけないので、面で支えるイモねじよりは、点で支えるボールの方が動きが安定するという物です。

Img_4928_1600
ボールはヨコモZD-505などの3/32サイズのデフボールを使って頂いて、

イモねじは、そのままの物を使用するか、2mm長のイモネジを使用すると飛び出る幅も少ないです。イモねじは3mm径ですので、いろんなマシンに応用できますね!

さてさて、話は本題!入荷商品のご案内です。

まずは、やっぱりこれが欲しい新製品です!

Img_4927_1600
マッチモアICコントロールタイヤウォーマーPRO、レーザー温度計 新製品!

マッチモアから新製品やリポバッグなどが入荷しました!

Img_4918_1600
SANWA 新型ロープロサーボPGS-CL 初回限定セット 新製品!

お待たせしましたのプログラム変更式ミドルクラスサーボが入荷!

マルチセッティングギヤ付きで税込み¥9510とお買い得仕様ですよ!

このセッティングギヤは従来品がそのままでは使用できませんので、SANWAさんへ仕様変更依頼頂く必要があります。もちろん付属品は大丈夫です。

Img_4926_1600
プロトフォームTYPE‐Sプロライトボディ 再入荷

LTC-R、MS-7とプロライトVerが3種揃いました。

Img_4919_1600
PRO‐LINE トラベルバッグ

伸びる取っ手やキャスターも付いてます。普通なキャスターバッグじゃないのがオシャレです。こちらは定価¥28000で税込み売価¥21170です。旅行にも使えそうですね。

Img_4920_1600
プラモ部門は、ガンプラの新製品!「RGM‐79Gジム・コマンド」(コロニー戦仕様)マスターグレードの新製品です!

Img_4925_1600
こちらは人気商品の再入荷SAZABIのマスターグレード

Img_4924_1600
ZZ GUNDAMも超人気再入荷!

Img_4922_1600
アオシマのモデルカーシリーズ新製品は「日産レパードアルティマ」86年当時、トヨタソアラに対抗するようにデビューした車ですね。懐かしい方も多いのではないですか?

Img_4921_1600
同じくアオシマから完成済のバイクモデル「ホンダCB750FOUR」ナナハンブームの火付け役は、マンガ「750ライダー」でも憧れのバイクになりました。税込み¥2160です。部屋の飾りに欲しい~!

明日も注目の商品が入荷予定です。年末年始もぜひご来店下さいませ!

2017年12月25日 (月)

PRO SPEED 2018 レースレギュ

こんにちは!店長です。

今日は、来年度のレースレギュレーションを発表させて頂きます。特に大きな変化は無いですが、マスタークラス、タミヤクラスの速度規制について、計測方法などを改善しました。また、国内法、大型商業施設における消防法に合致させるように、国内安全規格、PSE未取得な海外製品の持ち込み、使用を禁止と明言化しております。特に、バッテリーや、電化製品等にあり得ると思われますので、十分ご注意ください。

レギュは、ピットにも掲示しておりますので、よろしくお願い致します。

PRO SPEED 2018レースレギュレーション

レース開催日: 毎月第4日曜日 ※事情により変更の場合があります。

 月例レース規定

開場:AM10:00 レーススタート:PM12:00~ レース終了後一般走行(レース終了予定18:00)

エントリーフィー1名¥2500 (複数エントリーでも同額にて参加可能)

参加選手は、エントリーフィーのみでレース終了後一般走行可能

1、クラス別車両規定
 ツーリング エキスパートクラス

【シャーシ】 : 各社 1/10 4WDツーリングカー

【ボディ】: 各社 1/10ツーリングカー用ボディ

厳密なカットサイズ制限はしませんが、大きく逸脱したカット等は認めません。

【モーター】各社JMRCA承認17.5Tブラシレスモーター

【バッテリー】Li-Po 2セル7.4Vor7.6VHV

 ※HVモード充電禁止。スタート前電圧8.4V以下でスタートすること。

【その他】Fワンウェイ禁止、パワーソースは国内正規流通品に限る

【ギヤ比】フリー

【タイヤ】ツーリング用ミディアムナローゴムタイヤ(SOREX36or40推奨)

【重量】全装備計測1350g以上(レンタルポンダー含む)

【グリップ剤】PRO SPEEDオリジナル販売品のみ使用可能

【その他】JMRCAスポーツクラスに準ずる。

 ツーリング マスタークラス

【シャーシ】 各社 1/10 4WDツーリングカー

【ボディ】 タミヤ製1/10用スケールカーボディ(RC限定等の物、軽量バージョン等は、使用不可)

ウイング及びステーは、タミヤ製オプションのみ無改造で使用可

【モーター】 各社JMRCA承認21.5Tブラシレスモーター

【バッテリー】Li-Po 2セル7.4Vor7.6VHV

 ※HVモード充電禁止(スタート前電圧8.4V以下でスタートする事。)

【回転数規制】走行前(満充電)回転計2パルス/350以下 走行後2パルス/335以下

※予選前までに選手が集合し、選手間合意の元、回転数チェックを受ける事。スロットルハイポイントチェック(プロポ・ESCチェックランプ等は第三者が実行する。)

レース中、速度が速すぎるなどを確認した場合は、レース後再計測。

【その他】Fワンウェイ禁止、パワーソースは国内正規流通品に限る

【ギヤ比】4.8:1以上

【タイヤ】Sweep PRO SPEEDプリマウントコントロールタイヤ制

【重量】全装備計測1350g(レンタルポンダー含む)

【グリップ剤】PRO SPEEDオリジナル販売品のみ使用可能

【出場制限】EXPクラスAメイン優勝経験者は、出場不可

 タミヤGTクラス

【シャーシ】 タミヤTT-0102TA-050607TB-0304

【ボディ】 タミヤ製スケールボディ(Cカーやエブロ350ボディなど空力を最重視したものは禁止)

【モーター】タミヤ製TBLM02S 15.5T

【アンプ】 タミヤ製 TBLEシリーズ

【バッテリー】タミヤ製LF2200 6.6v ※走行前電圧7.3V以下でスタートする事。

【回転規制】当店回転計及び計測用ホイールにて、レース前満充電時計測2パルス/280以下、

※実施要領は、マスタークラスと同様。

【コントロールタイヤ】 SweepPRO SPEEDオリジナルプリマウントタイヤ

【重量】全装備計測1430g以上

【グリップ剤】PRO SPEEDオリジナル品に限り使用可

【その他】タミヤチャレンジカップ規定に準ずる。

 タミヤMシャーシクラス

【シャーシ】 タミヤM03,05,07

【ボディ】 タミヤ製Mシャーシ用ボディ(タミチャレ規定に準ずる)

【モーター、アンプ、バッテリー】アンプ以外はタミヤ製のみ。

ライトチューンモーター×Ni-Cd1600SPGTチューン×LF2300まで、およびUGTチューン×LF2300

【バッテリー】タミヤ製Ni-Cd1600SPLF2200 6.6v

LFバッテリーの走行前電圧7.3V以下でスタートする事。

【タイヤ】 タミヤ製  【グリップ剤】PRO SPEEDオリジナル品に限り使用可

【重量】全装備計測1250g以上

【ギヤ比】ノーマルスパーギヤ×ピニオンギヤ20T指定(タミヤ製)

【その他】タミヤチャレンジカップ規定に準ずる。

※重要※ 【国内正規流通品および国内安全基準取得品について】レース時、通常走行時

当店内で使用できるパワーソース、充電器等は、日本国内にメーカー、海外メーカーの公認正規輸入販売元が有るもの。国内安全基準、PSE未認定品、それが曖昧な並行輸入商品等は、使用不可及び店内持ち込みも禁止します。それらを使用し事故に至った場合は、責任に加え、罰則も適応されます。

Li-Poバッテリーの店内使用について】

Li-Poバッテリーの充放電には、必ずセーフティバッグを使用して下さい。

リチウム系バッテリーの膨らんだ物は店内持ち込み厳禁です!

過充電、過放電(走らせ過ぎ)、充電モード間違いの無いように注意して下さい。

万が一の事故発生に関しては自己責任とし、当店の責任は負いかねます。

【エントリー関連について】

当日エントリー可

但し、当日の準備等であわただしいと言う方は事前エントリーもお受けできます。

レース前日に走行された方の特典(1dayAプラン利用の方のみ)前日営業終了後よりピットリザーブを可能と致します。※リザーブ希望の方は、必ずスタッフにお申し出下さい。

レース当日:入店後まずは、席を確保下さい。受付は、1030分締め切りでカウンターにて受付します。参加選手の方は、エントリーする各用紙に記入し、エントリーフィーを添えて申し込んで下さいエントリー後、お客様の事情にてのレースキャンセルは出来ませんが、エントリーフィーを次月へのみ、繰り越しは可能とさせて頂きます。

ピット席】通常時、ピット席は参加選手一名につき一席(テーブル一本分)が使用可能です。拡げ過ぎに注意して、出来るだけコンパクトにまとめて下さい。※但し、ビッグイベントや参加多数の場合は、選手権等同様、机1/2とする場合があります。

熱源、電気ポット、快適装備などを含む、走行必要品外の電気使用は厳禁とします。

【予選、決勝方法】
予選5分間×2回 スタッガー方式、 決勝5分間×1回 周回数

※マスタークラスのみ決勝8分間

1ヒート当たり予選6台前後まで、決勝8台前後までを走行基準台数としますが、計測システムの計時都合上、参加人数により1ヒート当たりの台数が少なくなる場合が有りますがご了承ください。

 予選、決勝共に④→③→②→①クラスでの順で進行します。

【計測器】

AMB社製レンタルポンダー(毎ヒート直前貸し出し→走行後返却制)

レンタルポンダー用ポンダーステーを取り付けて置いて下さい、また、脱落防止の為にステーは強固な接着をして下さい。

【 車 検 】 

適宜、競技委員長が指定した車両を必要に応じチェックする場合があります。又、違反の疑いがある場合、車両、モーター等の脱着及び分解、車両分解検査に同意戴きます。

違反車両には協議の上ペナルティを与えます。また、競技委員長の判断にて故意な違反と認められた場合は失格となります。

回転数OVERの場合、決勝結果を各メイン最後尾に落とします。

【ペナルティ及び走行上のトラブル、誤計測、システムトラブルについて】

各クラス、フライングや決勝スタート後、1コーナーを曲がりきるまでの前車プッシュは10秒のペナルティを課します。すべてのレース中、バッドドライブと認める行為と判断した場合も同様です。

その他のペナルティ、走行トラブル、誤計測、システムのトラブル等についても、いかなる異議申し立ても受け付けません。

【その他】

コースマーシャルは原則全員参加。各自自分のレース直後のヒート時にマーシャルを受け持って頂きます。走行後は次のヒートのマーシャルに出ることになります。

また、マーシャルの配置は各自ゼッケン番号位置を掲示にて確認下さい。

マーシャルは代理人可能です。また、正当な理由無くマーシャルに出ない場合は、ペナルティを取り、前ヒートを失格とします。

ゼッケンステッカーは、各自ヒート表で確認し、自分の番号の物を一枚取って、フロントウインドに無加工で貼って下さい。

走行中に、レンタルポンダーを脱落させた場合、そのヒートは、計測不能な為失格となります。

その他、市況の変化などにより、シーズン中であっても告知後、レギュを変更する場合があります。レースエントリーで、以上の全規定に同意頂いたものとみなします。

PRO SPEEDレース競技委員長

と、来年度はこんな感じで決めさせていただきました。

最後に、マスタークラス、タミヤGTクラスの回転数計測時に使用するホイールに関するお願いです。

Img_4917_1600
少しだけ手間で申し訳ないのですが、走行前計測という事で、計測を迅速に終わらせるため、各自このように45度の扇状マーク入り2パルス計測用ホイールをご用意頂きたいと思います。

Img_4916_1600
今後ですが、タミチャレタイヤは5本スポークですが、画像のようにマーキングし、計測してみた所、誤差は無いと言える程度でしたので、タミチャレ時の走行前計測は、どちらでも問題ないと思われます。が、月例プリマウントをお持ちでない方は、画像を参照し、スポークを2本黒で塗りつぶしたものをご用意ください。

その他、分からないところがありましたら、ご遠慮なくお尋ね頂ければと思います。レースご参加の皆様、来年度もクリーンなレース運営にご協力ください。よろしくお願い致します。

2017年12月23日 (土)

年末セール、入荷商品!

こんにちは!店長です。

今年も残りわずかとなりましたが、明日はクリスマスイブ!忙しい方も多いと思いますが、お時間のある方は、是非遊びにお越しくださいね!!

さて、今日は非常にお買い得な商品や、入荷商品をピックアップしてご紹介したいと思います。

まずは、こちら!!

Img_4912_1600

「タミヤT3-01ダンシングライダー 組み立てキット」税込み¥11000

話題のダンシングライダーですが、1台のみ在庫分を確保しました。

各所希少品となっておりますので、ご検討中の方はお早めに!

また、ダンシングライダーのコース走行につきましては、許可制とさせて頂きます。当然、タミヤクラスの時間帯にはなりますが、来年の記念レースを控え、年末年始は通常時以外の方の練習走行も増えると思いますので、ご迷惑にならないように配慮したいと思います。

Img_4911_1600_2
タミヤLF2200バッテリー 先着10本限定!1本¥6050にて超特価!

Img_4907_1600_2
京商ドローンレーサー30%OFF!おまけに先着3名様に、6800円のエクスピードドローンモーターセット+ハイギヤードセットをプレゼント!

Img_4913_1600_2
タミヤTA-07PRO組み立てキット 

先着2名様に通常ポイント+1日走行券+タミチャレタイヤセット付で!

Img_4908_1600_2
そのほかドローン関連もスマホでFPV出来る小型ドローン「セルフィードローン」や、GFORCE製エスパーダ、コクーンも入荷!こちらもスマホでFPV可能!

Img_4909_1600_2
プラモ部門もパーフェクトグレード「ガンダムエクシア」も入荷!通常仕様とLED付き仕様共に揃いました!

この他にも次々と年末年始商材も入荷しておりますが、走行の方には、今週も「母ちゃんタイヤセール」継続中!また、先だってお伝えしたAXON製ダイナミックレーシングホイールも初回発送分50セットを押さえましたが、複数の予約も頂いておりますので、見つけ次第ゲットしてくださいね!

この後の年末年始も是非遊びに、お買い物にとお越しください!心よりお待ちしております!

2017年12月20日 (水)

月例レース最終戦!

こんばんは!店長です。

続きましては、月例レース最終戦の決勝結果をご紹介してまいります!

まずは、チキチキが楽しいタミヤMクラスBメインからです。

Img_4899_1600
MクラスBメイン決勝は、6台のスタートです。

先頭は小学生の田宮選手で後ろから山田選手が追う展開です。上手くスタートするも序盤のヘアピンでミス。山田選手が先頭に立ちます。そしてここから先頭2台のトップ争いに一同大興奮!順位も入れ代わり立ち代わりしますが、終盤の高速コーナー入り口で田宮選手がインに飛び込みトップ奪還!山田選手もそのまま追いきれず、田宮選手のトップゴールでした!!2位には山田選手、3位に時田選手となりましたが、Bメインとは思えないレース運びに観客も拍手喝采でした。

続いてはタミヤMクラスAメイン!

Img_4900_1600
Aメインは、大江選手のTQスタートでしたが、早くも後退し山口選手、村田選手、ガッキー選手が上がります。しかし、絶好調の山口選手がトップを快走!クイックなコーナリングで村田選手を引き離しそのまま優勝!2位に村田選手、3位にはガッキー選手が入りました!

Img_4901_1600
代ってタミヤGTクラスはBメインの8台!毎月熾烈なこのクラスは、大宮選手が先頭でスタート!しかし、序盤でいきなり後退してしまい、瀬尾選手がトップに!後方ではさらに順位が入れ替わりますが、瀬尾選手はそのままトップを守ってゴール!2位にジャンプアップの藤村選手、3位に6位からジャンプアップした山口選手でのゴールでした。

Img_4902_1600
Aメインは、嶋崎選手の飛び入りで予選からハイレベルな争いです。しかし、Aメインも各所でミスやクラッシュがあり、後方はガチャガチャに!そんな中トップに上がり、そのままキープした村田選手が優勝!2位に嶋崎選手、3位に大江選手が入りましたが、来月の記念レースは猛者も集まりますので、非常に楽しみですね!

Img_4903_1600
割り振れない人数の為、マスターBメインは3台のレース。高井選手と光本選手のトップ争いを期待したのですが、高井選手が冷静な走りで後ろに追いつかれません。また、2番手の光本選手も自身のミスもあり、高井選手に追いつけず2位ゴール。時田選手は残念ながら14Lでリタイヤでした。

Img_4904_1600
失速感の無い旋回が印象的な山本選手が問答無用のTQ獲得!後ろから沖選手、大江選手と、ヨコモBDが予選トップ3台を締めます。しかし、ミスをしない村田選手がじわじわと追い上げ、まずはミスをした大江選手をパス、続いて沖選手のミスをパスしたもののさすがに山本選手には追い付けず5分コール!優勝は山本選手!2位に村田選手、3位に沖選手となりました。

Img_4905_1600
エキスパートクラスもBメインは7台と盛況!トップスタートは中村選手。

小川選手と高井選手が追いますが、高井選手はあえなく後退。大宮選手が3位浮上するも、そのまま中村選手がトップゴール!2位に小川選手、3位に大宮選手の着順でした。

Img_4906_1600
最後はエキスパートクラスAメインの7台!

TQ嶋崎選手の先頭で、本田選手、木村選手が追う展開です。

スタート後、予想通り、嶋崎選手と本田選手の2台が激速で、2台とも9秒2でラップを重ね、その差0.1秒が3分過ぎまで続くスーパーバトル!しかし、その後の最終コーナーで嶋崎選手がわずかに縁石に乗り転倒!本田選手、木村選手、田村選手、が前に出ます。そして5分コールまでそのままドラマは無く、優勝は本田選手、2位に木村選手、3位に田村選手となりました。

Img_4898_1600
今回、みなさんのおかげで、素晴らしい最終戦になりましたが、この1年も毎月お付き合い頂きありがとうございました!いよいよ、来月は10周年記念レースです。他では見られないほど、正美さん初め、ワークス陣も選手権バリに本気になって参戦してこられるのも、PRO SPEEDならではだと光栄に思います。

ぜひ、当店の皆さんは1年間頑張って来た成果を存分に発揮して頂きたいと思っていますが、まずは本気ながらも笑いながら楽しんで頂く事がなによりですので、価値のあるイベントに出来るようにご協力ください!!

今年も1年ありがとうございました!

AXON DYNAMIC RACING DISH登場!

こんにちは!店長です。

18,19日と連休を頂きまして、通院、投薬、予防接種まで済ませて年末年始に備えました。このあと年末年始と元日以外は休まず営業させて頂きますので、走行に、お買い物に、遊びにと、ぜひぜひお越しください!

さて、先だっての日曜は、月例レース最終戦へ多数様のご参加を頂き、ありがとうございました!超頑張ったバトルや、PRO SPEEDのレース史に残るようなバトルありと最終戦らしい見ごたえのあるレースでした。この記事の後に決勝結果の方はご紹介したいと思います!

まずは、エキスパートクラスの方に大注目となるこちらのご紹介です。

_1600

「AXON DYNAMIC RACING DISH/TypeHIGH RIB WHEEL」新製品!

先だっても予告させて頂いた注目のディッシュホイールがAXONさんから今月末発送になります!

恐らく、「高っ!」と思われるでしょうね(笑)

現状の各メーカー製が500円平均ですので、200円高い訳ですが某ワールドドライバーからも珍しく「完璧です」とコメントが出たと聞いています。特に剛性と軽量化の両立を実現した材料と超精密なダイナミックバランスは、トラクションの掛かり、直進安定性の表れ方で目を見張るものがあるとのこと。恐らく、レース用ホイールの主流に立つのではと予想しています。

タイヤ、ホイール、インナーは、セッティングの8割を占める重要過ぎるパーツ。700円にしてみましたではなく、700円にせざるを得なかったこだわりの性能を得たいと思われるドライバーなら、より性能を引き出し、タイムアップするのではないでしょうか。

年内ギリの到着ですが、年末年始でぜひ試して頂きたいですね。

初回分は限りがあります。ご予約頂きますと確保させて頂きますので、ご連絡をお待ちしております!

2017年12月15日 (金)

新製品情報!

こんにちは!店長です。

本格的に寒くなりましたが、体調管理には十分注意していきましょう。

風邪予防には、緑茶うがいが効果的なようですよ!

さてこの週末は、月例レース最終戦です!久々に母ちゃんランチも予定してくれてますので、ぜひ多数様のご参加をお待ちしております!

そして、店頭入荷商品の方も、新製品やクリスマス商材が増えて行っております。ラジコンカー関連だけでなく、トイラジや、ドローン、プラモデルの新製品も続々入荷中ですが、今日は、ハイエンドRCカーユーザーに絶大な人気のマッチモアさんから新製品のご紹介と予約開始をご案内します!

まずは店長も欲しい(笑)こちら!

_1600「MuchMoreハイブリッドタッチDUO AC/DCバランスチャージャー ブラック」

幅195㎜、奥行き143mmとコンパクトなサイズながら安定化電源内蔵は良いですね!もちろんPSE取得製品ですので、国内、もちろん当店内での使用もOKです。(消防法の厳しい当モール内での規格外製品は使用禁止です)

充電最大20A、放電最大5Aで2本同時OK。外部電源出力OKでUSB出力できますね。大型液晶にはデータやグラフも表示します。発売は来年1月下旬で、定価¥37800(税抜)当店売価は¥30240(税抜)です。

_1600_2「MuchMore ICコントロールタイヤウォーマーPro」

もう20年近く世界のトップドライバーが使用するタイヤウォーマーと言えば、コレですね!今回はコネクター形状変更や耐久性も見直し、Proとしてリニューアルされました。電源コネクターも左右どちらでも接続できるようになっているなど、レース時のピット設営が分かってらっしゃる(笑)嬉しい配慮。

こちらは12月末発売で、税抜定価¥25800 当店売価¥20640(税抜)ですので、お早目のご予約をお願い致します。

_1600_3「MuchMoreプロフェッショナル電動ドライバー」

リチウムイオン電池内蔵の充電式ですが、充電しながら使用できるのもナイスですね。ソケットは6.35mmの六角ですので、ラジコン用で市販されている電ドラビットがそのまま使えます。そして締め付けトルクが電動時2ニュートン、手動10ニュートンですので、バッチリなのです!店長はマキタ製を使用してますが、小型ながらも重い(笑)これはコンパクトで重量も150gとラジコン専用としては抜群です!価格も税抜¥7800で当店税抜価格¥6240と安いっ!こちらは来年1月下旬発売で予約受付中です!

_1600_4「MuchMoreプロフェッショナルサークルレーザー赤外線温度計」

サークル型のレーザーポインターを計測位置に照射することで、計りたい場所の温度が正確に計測できる精巧な温度計です。例えば、モーター温度ならカンの温度なのか、ステーターなのか、クーリングホールなのか一般的な赤外線は温度計測位置がアバウトで、ラジコンのようにピンポイント計測したい場合にはこういったものが必要ですね。特に、昨今のブーストを掛ける使用は、モーター温度などを正確に把握しないとセッティングできませんので、温度計は無いと話にならないくらいの物です。

こちらも12月下旬発売ですが、税抜定価¥9800、当店税抜売価¥7840です。ご予約もお早めにどうぞ!

明日土曜日には、プロトフォームのNEWボディ2種の超軽量プロライトVerが入荷予定!通常走行は勿論、月例レースの練習やお買い物にとぜひお越しくださいませ!

2017年12月 7日 (木)

10周年記念感謝祭ゲスト追記!

こんにちは!店長です。

毎年言ってる気がしますが、師走感を感じない年末ですね。

まずは、年末までの入荷予定ですが、来週12日にタミヤさんからTRF419XRが発送予定となっております!メーカー直送ですので、13日(水)着予定とのことですので、ご予約頂いた方は間もなくですよ!

そして、AXONさんからは、インナーに続くデッシュホイールが発表されました!

かなーり前から熱望させて頂いた商品がようやく実現される訳でして、過去にPRO SPEEDでもぶっちぎりの人気度を誇った某ホイールをプロデュースされた方がリリースされるので、期待度も120%という予想も出来ますね。実に、バランス、真円度含めかなりの自信作とのことですので、もうしばらくお待ちください。

このホイールは、来週開けに受注開始で、年内の到着とのことです。価格は少し高い目になると思いますが、性能を買うという意味で期待して頂ければと思います。AXON遠藤くんからも「完璧です!!」とのことですので楽しみです。

さて、本題ですが、すでに多数様のエントリーをお受けしている、来年1月開催の10周年記念レースですが、新たにゲストが名乗り出て頂きました!

12308617_873182356113641_7168613189
Teamヨコモ 秋山直輝 選手

Teamヨコモ若手トップの秋山選手が参戦してくれることになりました!

世界戦、ETS、IICや先だってのAOCでも表彰台に上がる、ワールドクラスの実力をつけて来た選手です。PRO SPEEDではどんな走りを見せてくれるのか?楽しみですね!

さぁ、これでチーヨコメンバーはすべて揃って頂けました!豪華な顔ぶれにして頂けたので、ヨコモさん、正美さんに大感謝ですね!

エントリーの方もまだ若干枠がありますので、ぜひご参加をお待ちしております!

【営業・イベント予定】

【次回臨時休業日】 1月22日(月)23日(火)30日(火)
 
【イベント予定】
●  2018年1月18日(木)~21日(日)
【PRO SPEED 10周年記念感謝祭・記念レース】
1月20日(土)【ヨコモタカヒロ・五月女ドリフト塾】
【ドリフト塾】交流会形式の走行会(受付中1day¥1000)
【各社ゲスト練習&ユーザー交流】
1月21日(日)【10周年記念レース 予選、決勝】
1.ツーリングエキスパートクラス(JM17.5Tフルブースト)
2.ツーリングマスタークラス(JM21.5T、回転規制)
3. タミヤGTクラス(回転規制)
4. タミヤMクラス
【記念レースエントリー】満席にて受付終了しました。
【各社ゲスト&当店入り予定】
●1月18日(木)~
ヨコモ広坂正美選手、北川直哉氏、吉岡大輔選手
●1月19日(金)~
ヨコモ秋山直輝選手、川上タカヒロ選手、五月女 勝一選手、AXON遠藤一樹氏、ActiveHobby浅原務選手、KOPROPO穴原勇一氏、KM Racing嶋崎真弥選手
1月20日(土)~
TRF河野隆之選手
 

2017年12月 4日 (月)

サーボで走りを変えよう!

こんにちは!店長です。

週末は皆さまご来店ありがとうございました!

特に、子供たちのサーキットデビューが目立ち、お客様からのご指導などで大変楽しかったらしく、2日連チャンで来てくれたりと、ほほえましい光景もありました。

さて巷は早くも師走ですが、もう少しでタミヤさんからもTRF419XRやTA-07Rが出て来るものと思われます。来年に向けても楽しみが増えていますが、寒い時期こそ暖か快適なPRO SPEEDで楽しんでください!

さて、今日は気になる入荷予定のサーボと、テストしてみたサーボのミニインプレをご紹介します。

まずはこちら!

Pgscl_cx_1600
SANWA PGS CL&CX

コスパの高い新サーボがサンワさんから登場します。初回はおまけ付きですが、せっかくのプログラム変更式ですので、セッティングギヤ付きがお得かと思います。コアレスモーターですが、強力なトルクでハイグリップ路面でも保持力が路面に負けることは無いでしょう。このクラスながらSSR対応で、性能も十分期待できそう。特に、ミニなどのクラスや、ツーリングのビギナー~中級者の方におススメです。

Pgslh_hp_1600

しかし!上級者の方にはこちらの上級モデル「PGS-LH」が文句なしにおススメ!高額なサーボですが、費用対効果はSANWA製サーボの中では一押しです。

続いて、KOさんから発売になったこちら!

Img_4893_1600
「RSx3 one10 Flection」

巷で話題の新サーボが発売です!コアレスモーターらしいナチュラルなフィーリングながら、丸く曲がるをテーマに開発されました。

そこで、PRO SPEEDでは以前から思っていた「他メーカープロポと組み合わせての相性はどうなのか?」という疑問を含め早速テストしてみました。

テスト車:タミヤTA-07タミチャレ仕様(Sweep製オリジナルタイヤ使用)

送信機/受信機:SANWA M12S/RX482

さて、結果は?・・・・

まず動作ですが、SANWA M12SそれもSSRモードで何ら問題なく動きます!設定的には、通信方式的にニュートラルがずれますので、サブトリムで90ほどずれますが、キレ角など基本調整も問題なく設定できました。

現在、SANWA PGS-LHをオリジナル設定値で使用していますが、Flection(デフォルト設定値)に差し替えての違いは、ヘアピンがギュンと曲がり、非常にトルクフルな印象です。

ただ、曲がり過ぎな印象がありましたので、初期を若干落とすことで、思ったところへ曲がってきました。しかし、これがグリップの低いタミチャレラジアルタイヤなら?察しのいい方なら、連想も付くのでは?

このテスト後、FlectionはKO EX-RR使用でBD8-2018へ搭載。17.5Tフルブー仕様でのテストも良好な性能を示しています。

現在ナンバー1シェアのM12ですが、必ずしも他メーカーサーボを推奨するわけではなく、問題なく使用でき、性能も継承できることを検証したことで個々の思い通りの使用に出来る枠が広がったという事です。

走らない曲がらないをシャーシセットでばかり考える前に、サーボでここまで変わる事を再認識して頂ければ、走りの悩みも解消する一助となると思います。

おっと!使用頻度の高いドライバーは、送信機、受信機のオーバーホールも非常に大事な大前提ということもお忘れなく!

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »