フォト

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ヨコモ車系情報

ヨコモ車系情報

2013年11月21日 (木)

YOKOMO BD7 2014&2014 BLACK SERIES発表!

こんにちは!店長です。

未だ人気がやまない「YOKOMO BD7」ですが、正常進化とも言えるべき新モデルが

発表になりました!さすがヨコモさん、発表まで全くのリークなし社内秘でしたね。

Bd7_2014_soon

「BD7 2014&BD7 2014 BLACK SERIES」

フルチェンジと言う訳では無いですが、正常進化と言えるマイナーチェンジですね。

_vyrd11_1847mrtc_bd714b_02

今回の目玉は「BLACK SERIES」と呼ばれるブラックダイヤモンド仕様。

写真ではブラック仕様にSPLサーボマウントが付いてますが、これはオプション。

限定生産になりますが、少しつや消しのブラックアルマイトに切削加工を施した高級感のあ

る大人チックな仕様ですが、切削なしですとRSと間違う?

加工工程が増える分、気持ちだけ価格アップになります。

もちろん、昔からYOKOMOと言えばのヨコモブルーの仕様もあります。

でも、黒も通常版じゃあかんのかなぁ?

Reedyやレーシングパフォーマー、マッチモア、Gスタイルなどのブラック色モーターと

BL-R3.1などのHobby-Wing系ESC、FLETA4のクロ系アンプが際立つ渋さが出そうですよ。

で、ステアクランク、センターリンクも新形状に変更されていますね。

発表されたばかりなので、お披露目的画像ですが、エアレーションキャップも

標準なのか、ダイヤフラムなのか?詳細は、専用ページが出てからでしょう。

_vyrd12_1847mrtc_bd714b_03
●ブラックアルマイト&べベルエッジにより高級感漂くルックスを実現(BLACK SERIES)
●新規設計モーターマウントでシャーシ剛性の適正化と低重心化を促進
●ギヤ比設定幅を広げ、様々なレギュレーションに対応
●ステアリングベルクランクを一新し、サスアライメントの変化にも対応可能
●硬質潤滑アルマイトを施したショックシリンダーがショック内部の抵抗を軽減
上記5点が新変更点です。

_vyrd14_1847mrtc_bd714b_05_2

新設計モーターマウントですが、どうでしょうね?

ただ、取り付け位置がもっとセンターへ変わってるので、穴位置の変わった新メインシャーシに変更ですが、シャーシ全体の形は変わってなさそうです。

シャーシ形状、ここ重要ですよね。前後にくびれが出来てたりするとビビりますから(笑)

従来型オーナーが気になるパーツのみの交換は無理そうですので、コンバートは

メインシャーシ変更時に考えれば良いかと思います。それまでには、当コースで良いのか

どうなのかも見えてると思います。

発売は、12月末!初回予約分の受付を開始致します!

予約特典は、追ってご案内しますが、お母ぁがやってくれるのは間違いないですね(笑)

レースユーザー、走行にお越しのお客様なら特にメリット大なのは間違いなし!!

検討中のお客様もぜひ、ご予約をお待ちしております!

2010年4月10日 (土)

ヨコモBD5ワールドスペック

こんにちは!うちにも来ました「ヨコモBD5ワールドスペック」

去年、全日本マシンをこれでもかというくらい組んだBD5ですが、久々に手を入れて見たくなったので、Tipsを含めながら組み立てして行きたいと思います。

Img_0718_1280

またBD5かいな?そんな声が聞こえてきそうですが(笑)

今年は、あくまでプライベートなんで、いろんな車をやりますよ。一台は、平井選手が、もう一台は、私が組みますね!これで、レコード更新したらどうしょ~、ヤバいですよね。

Img_0722_1280 まずは、去年の全日本スーパーEXP仕様との比較。最近の車ですねぇ、バッテリースロットが無い。スロット削らなくていい!ラッキー♪

シャーシ幅は、5セル用に比べ8mmほど細いのかな?ちなみにひねると柔らかい。ココは、走らせてみないと分かりませんが、細いのは良いと思いますね。

Img_0719_1280 アッパーデッキも細い、後ろ割れてるぅ~

去年の全日本で見たプロトっぽいなぁ。

Img_0720_1280 フロントバルク後ろ側左右とセンターのバッテリー横にネジ止め出来るバランスウェイトが付属です。フロントは各15g、センターは20gです。グラム数や、BD5ロゴなどが印字してあるのがビジュアルを大事にする海野君らしいと感心。けど、コスト掛け過ぎちゃうん?(笑)

でもクォリティは出ますね~!

Img_0724_1280 新旧、駆動系パーツ比較!最近のトレンドですかね、ベルトが左寄りから右寄りに変更になってます。旧ワンウェイハウジングが3つも有るのにどうするんよ(笑)ブルーアルミ部の両端に一本切削スジが入るのが右側ベルト用ですな。デフは勿論、旧型が使えます。が、スプールも使えへんやん(泣)

Img_0725_1280 へっへ~さすがにダンパーは変わって無いなぁ~。一杯持ってるんで大丈夫だぁ。このダンパーなら、いいの組めるんですよね~。もう、目をつむってても組める気がするな~。トレンドは引きダンパー(負圧)ですが、引きの量を自在に作りやすいのも、このダンパーの特徴です。ケース容積が大きいのもGOOD。路面対応幅が大きい。今回は、新たなダンパー仕様にもチャレンジしてみたいな。

Img_0723_1280 F/Rプーリー、センタープーリーも変更なし、ベルトも同じ。

スーパーローフリクションベルトPROも使用可ですので、発売決定!駆動、軽いですよ~!現行製品は画像のプロトタイプベルトから更に精度、表面処理等が進化してます!

さて、組みに掛るかぁ。

カーボン処理だれかして下さい(笑)では、今後に乞うご期待。